注文はどうやって出せばいいのじゃ?

Pocket

注文を出すにあたっては銘柄コードや単元株数を確認しておくのじゃ。
把握しておくべき情報と、決めておくべきことはシッカリと持っておく必要があるのでござる。
把握しておくべきことは『銘柄コード』『会社名』『市場』『売買単位』でござる。
ただ、ネットの証券会社では、コードを入力したり会社名を入力したりするだけで、それ以外の情報は大体表示されるようになっているので、何も心配いらぬでござる。
決めておくべきことは『注文方法』『注文の有効期限』『購入する株数』でござる。
いくらで買いたいのかを指定する、『指値注文』なのか、売買を優先する『成行注文』だかを選ぶのにてござる。
また、最近では、便利な「逆指値注文」というものもあるぞ。これはまた、勉強するでござるよ。大変、便利なものじゃ。
『指値注文』の場合は注文の有効期限を指定しておくのじゃ。
例えば、3営業日にした場合は、当日買えずとも残り2日間注文が有効となる。
始めのうちは、株数は最低株数が良きでござるよ。

関連記事

売りたくなった場合はいかがすれば良きか?

売るときは買うときとほとんど同じで証券会社に注文するのじゃ。  買うときは『成行注文』か『指値注文』かということを説明しましたが、売るときも同じで『成行注文』か『指値注文』を設定するでござる。  『成 …

ハラハラしないためには?

ハラハラを事前に抑える、いくつかのルールが有りんす。 1. 余裕資金で投資し、短期で儲けようという精神は危険なり 2. 投資の姿勢をはっきりとさせておく 売るべきなのか、持ち続けるべきなのかの判断をし …

株価が下がった場合はいかに致すのじゃ?

株価が一時的に下がることはつきものゆえ、いかほどにも気にしないのが一番でござる。 業績が良く、将来性があっても株価が下がることがあるので短期的の値下がりは特別なことではなく日常茶飯のことなり。 また、 …

株価が上がって売りたい場合は、どうするのじゃ?

株価が上がった時に、売ったほうがよいのかは悩みどころでござるが 買った時よりも株価上昇したときには、売却益が得られるが長く持っていれば絶対に値上がりするという保証はあらぬので値上がりしたところで売って …

株価は毎日チェックするものなのでござるか?

どの程度の頻度で株価を確認するのかは株式投資する目的によって変わってくるのじゃ。 1日に何度も売買を繰り返すデイトレーダーは、いつもパソコンをチェックし、株価の動きに敏感に動くでござるが、数日から数年 …

トップへ戻る