株価が下がった場合はいかに致すのじゃ?

Pocket

株価が一時的に下がることはつきものゆえ、いかほどにも気にしないのが一番でござる。
業績が良く、将来性があっても株価が下がることがあるので短期的の値下がりは特別なことではなく日常茶飯のことなり。
また、景気の悪化や消費税の引き上げなどのニュースにより株を売る人が増え、会社の業績に関係なく株価が下がる場合もあるでござる。
その際に売るのか売らないのかを決めるかは、その会社を好きかどうかが続いているか鍵となってくるのじゃ。
業績をチェックし、業績も悪化してなく、会社にとっての暗い話題も無い場合は株価回復の可能性がござるので、その場合は株価指数の動きと比べるのじゃ。
日経平均やTOPIXが大きく下がっていた場合は、投資家の心理の冷え込みが原因で一時的に下がっていると考えることもできに候。
株価が下がった時に投資を続けるか、続けないかの1番重要となるのは「今でも、その会社を応援できるかどうか」の心持ちなり。

関連記事

注文はどうやって出せばいいのじゃ?

注文を出すにあたっては銘柄コードや単元株数を確認しておくのじゃ。 把握しておくべき情報と、決めておくべきことはシッカリと持っておく必要があるのでござる。 把握しておくべきことは『銘柄コード』『会社名』 …

ハラハラしないためには?

ハラハラを事前に抑える、いくつかのルールが有りんす。 1. 余裕資金で投資し、短期で儲けようという精神は危険なり 2. 投資の姿勢をはっきりとさせておく 売るべきなのか、持ち続けるべきなのかの判断をし …

株価が上がって売りたい場合は、どうするのじゃ?

株価が上がった時に、売ったほうがよいのかは悩みどころでござるが 買った時よりも株価上昇したときには、売却益が得られるが長く持っていれば絶対に値上がりするという保証はあらぬので値上がりしたところで売って …

どんな取引口座がござるのじゃ?

 取引口座は3種類あり、口座によって税金の扱い方・手続き方法が異なるのじゃ。 ただ、一番のおすすめは、【特定口座・源泉徴収あり】じゃ!  株式投資の値上がり益など得た場合は利益に税金がかかる。  「一 …

税金はどのようになっているのでござろうか?

2014年から売買利益の20.315%が税金で引かれるのじゃ。特定口座、源泉ありであれば、 自動的に税金は配当金から引かれ、納税するでござる。 ただ、1月から12月までの1年間で初めのうちは勝っていた …

トップへ戻る