株価が上がって売りたい場合は、どうするのじゃ?

Pocket

株価が上がった時に、売ったほうがよいのかは悩みどころでござるが
買った時よりも株価上昇したときには、売却益が得られるが長く持っていれば絶対に値上がりするという保証はあらぬので値上がりしたところで売って、確実に売却益を得るという方法もあるでござる。
ただ、株価が上昇することによって期待する人も増えるので保有したままの状態にて更なる成長を待つという選択肢もあるのじゃ。この場合は業績を確認しておく必要があるでござる。
株価が上昇の理由には、「業績が良く、事業拡大などで将来性が出てきたなど、会社そのものに理由がある場合」と、「株価投資をする人が増え、株価を押し上げている場合」がござる。
前者は配当金にも期待ができ配当を受けながら上昇を待つという方法もあるのじゃ。
株価だけではなく会社の業績も確認し、自己判断をする必要があるのでござる。

関連記事

ハラハラしないためには?

ハラハラを事前に抑える、いくつかのルールが有りんす。 1. 余裕資金で投資し、短期で儲けようという精神は危険なり 2. 投資の姿勢をはっきりとさせておく 売るべきなのか、持ち続けるべきなのかの判断をし …

注文はどうやって出せばいいのじゃ?

注文を出すにあたっては銘柄コードや単元株数を確認しておくのじゃ。 把握しておくべき情報と、決めておくべきことはシッカリと持っておく必要があるのでござる。 把握しておくべきことは『銘柄コード』『会社名』 …

注文をすれば絶対買えるのか?

注文をすれば絶対買えるとは限らないのじゃ。買える可能性が高いのは『成行注文』にて、株価はいくらでも良いから買うパターンでござる。これは売りたい人さえいれば買うことのできる方法になっておる。 買える確率 …

株価が下がった場合はいかに致すのじゃ?

株価が一時的に下がることはつきものゆえ、いかほどにも気にしないのが一番でござる。 業績が良く、将来性があっても株価が下がることがあるので短期的の値下がりは特別なことではなく日常茶飯のことなり。 また、 …

税金はどのようになっているのでござろうか?

2014年から売買利益の20.315%が税金で引かれるのじゃ。特定口座、源泉ありであれば、 自動的に税金は配当金から引かれ、納税するでござる。 ただ、1月から12月までの1年間で初めのうちは勝っていた …

トップへ戻る