手数料ってどのくらいかかるのじゃ?

Pocket

売買手数料は、証券会社によって違うでござる。これは一回の購入毎に金額が決まっておるところと、定額といって1日何回も売買しても定額の料金さえ支払っていればできるものなどがあるぞ。詳しくは、証券会社比較をみるでござる。
注意としては、買う際も、売る際も必要になってくるのでござる。これを往復というでござる。
証券会社によっては1回毎ではなく1日の売買代金合計のプランなどを用意しておるところもあり、手数料は株を買うのに必要な代金と一緒に清算する仕組みじゃ。
また金額に応じたサービスを提供する場合や、投資に役立つツール・情報・分析ツールなどを有料で提供する場合もあるのじゃ。
無料から始めて己のスキルに合わせていくのが良い策でござる。

関連記事

注文をすれば絶対買えるのか?

注文をすれば絶対買えるとは限らないのじゃ。買える可能性が高いのは『成行注文』にて、株価はいくらでも良いから買うパターンでござる。これは売りたい人さえいれば買うことのできる方法になっておる。 買える確率 …

証券会社の選び方

 証券会社には、店舗のある会社とインターネット上で取引をする会社(ネット証券)の2種類がござる。  店舗のある会社では銀行の如くカウンターが有り、窓口の担当者と対面形式で質問やアドバイスをその場でもら …

株価が上がって売りたい場合は、どうするのじゃ?

株価が上がった時に、売ったほうがよいのかは悩みどころでござるが 買った時よりも株価上昇したときには、売却益が得られるが長く持っていれば絶対に値上がりするという保証はあらぬので値上がりしたところで売って …

株価が下がった場合はいかに致すのじゃ?

株価が一時的に下がることはつきものゆえ、いかほどにも気にしないのが一番でござる。 業績が良く、将来性があっても株価が下がることがあるので短期的の値下がりは特別なことではなく日常茶飯のことなり。 また、 …

注文はパソコンからすれば良かろうか?

一番のおすすめは、パソコンやスマホからの注文じゃ。 簡単でわかりやすいぞ。  担当者と直接会って注文する対面取引・電話・などもあるが、担当者と話をするといろいろ情報を吹き込まれるので注意が必要じゃ。吾 …

トップへ戻る