取引時間は決まっておるのか?

Pocket

 取引時間は基本的に午前と午後の2回と決まっておる。
取引可能時間は証券取引所が開いている時間で東証の場合、平日は9時半~11時半。12時半~15時となっておる。この取引できる時間の午前を『前場(ぜんば)』と呼び、午後を『後場(ごば)』と呼ぶ。
土日祝日、振替休日、12月31日~1月3日は休みでござる。
この時間外にも注文は可能だが、この時間でなければ取引が成立せぬ。時間外の注文は証券会社内で保留とされ、次の取引時間で執行されるのでござる。
取引所が開いている時間帯を『立会時間』と呼び、前場の始まりを『寄付き(よりつき)』と呼び、終わりを『前引け』と呼び、後場の始まりを『後場寄り』と呼び、終わりを『大引け』と呼ぶのじゃ。
株のニュースなどで頻繁に出てくるので情報を理解するのに重要な言葉となってくるのでござる。

関連記事

税金はどのようになっているのでござろうか?

2014年から売買利益の20.315%が税金で引かれるのじゃ。特定口座、源泉ありであれば、 自動的に税金は配当金から引かれ、納税するでござる。 ただ、1月から12月までの1年間で初めのうちは勝っていた …

株価が下がった場合はいかに致すのじゃ?

株価が一時的に下がることはつきものゆえ、いかほどにも気にしないのが一番でござる。 業績が良く、将来性があっても株価が下がることがあるので短期的の値下がりは特別なことではなく日常茶飯のことなり。 また、 …

注文はどうやって出せばいいのじゃ?

注文を出すにあたっては銘柄コードや単元株数を確認しておくのじゃ。 把握しておくべき情報と、決めておくべきことはシッカリと持っておく必要があるのでござる。 把握しておくべきことは『銘柄コード』『会社名』 …

株価は毎日チェックするものなのでござるか?

どの程度の頻度で株価を確認するのかは株式投資する目的によって変わってくるのじゃ。 1日に何度も売買を繰り返すデイトレーダーは、いつもパソコンをチェックし、株価の動きに敏感に動くでござるが、数日から数年 …

どんな取引口座がござるのじゃ?

 取引口座は3種類あり、口座によって税金の扱い方・手続き方法が異なるのじゃ。 ただ、一番のおすすめは、【特定口座・源泉徴収あり】じゃ!  株式投資の値上がり益など得た場合は利益に税金がかかる。  「一 …

トップへ戻る