首つり線【売りシグナルの酒田五法1】

Pocket

前回までは、底値圏や上昇トレンドで見られる買いサインについて見てきたのでござるが、今回からは、売りサインを見てみるのでござるぞ!
まずは、天井圏で見られる買いサインを見てみるのでござる。
今回見るのは、首つり線なのじゃ。
このような形でござるぞ。

首吊り線とは、窓を開けて高く寄り付いた後に長い下ヒゲをつけて陽線となった状態のローソク足のことなのでござる。
窓を明けて上放れ寄り付いたのは、成り行き買い注文が寄り付きで大量に入ったためなのでござる。その後、それまでの株価の上昇で買い方が利食い売りすることでいったん大幅に下落し、今度は下落を狙って押し目狙いの買い注文が入ることで、最終的に高値で引けた…という流れが反映されたチャートなのでござる。

下ヒゲが長ければ長い程トレンド転換の予兆があるとされるのでござる。そのため、実体の3倍以上あるものが首吊り線とも言われているのでござる。まだまだ買い方優勢で上昇エネルギーは残っているうようなチャートに見えるが、売り圧力に押されることで下ヒゲが長くなったので、翌日は軟調になるケースが多いのでござるぞ。

関連記事

二本の差し込み線【買いシグナルの酒田五法8】

今回もまた、底値圏で見られる上昇サインを見てみるのでござるぞ! 今回見るのは、二本の差し込み線でござる。 そもそも差し込み線とは、最初に陰線、次に陽線という組み合わせで、かつ、2本目の陽線の実線(胴の …

二ツ星・三ツ星【買いシグナルの酒田五法14】

前回までは、底値圏で見られる買いサインについてみてみたのでござるが、今回からは、上昇トレンドの中で見られる買いサインについて見てみるのじゃ! 今回見てみるのは、二ツ星と三ツ星でござる。 下の図は三ツ星 …

【さらにボリンジャーバンドに迫ってみるのでござる!】

前回は、ボリンジャーバンドがどのようにして算出されるのかということを中心に説明したのでござるぞ。 今回もまた、ボリンジャーバンドについて解説するのでござる。 ボリンジャーバンドの中心となっているのが、 …

【一目均衡表って何じゃ?】

一目均衡表は、日本生まれの数少ないテクニカル指標の一つで、株式評論家の細田悟一氏が一目山人というペンネームで戦前に発表したテクニカル指標でござる。延べ2000人のスタッフ(学生)とおよそ7年の歳月をか …

【(酒田五法)三川について説明するぞ!<その5>】

前回は上昇トレンドを示す三川について見てみたぞ! 今回も同様に、上昇を示唆する三川を見てみるぞ! 陽の二つ星…二つ星や三つ星という名前がつくローソク足は、胴が非常に短いものが2つ、3つ連続して現れた状 …

トップへ戻る