陽の陽はらみ【売りシグナルの酒田五法6】

Pocket

今回もまた、天井圏で見られる売りサインについてみてみるぞ!
今回は陽の陽はらみでござる。
このような形なのでござる。

陽の陽はらみとは、大陽線の翌日に出た陽線が、前日の大陽線の中に納まるような形(はらみ線)になる事で、天井圏で出現することが条件で、高値圏以外に出現したりした場合には陽の陽はらみとは言わないのでござる。前回紹介した陽の陰はらみ同様、買い圧力が次第に弱くなり、売り圧力と買い圧力が拮抗してきた時に出現するのでござるぞ。そのため、陽の陽はらみが出た場合は、翌日の値動きを見て、トレンドの方向性を見極めないとならないのでござる。

陽線で終わった為、買い勢力はまだあるとも考えられるものの、上値を抜けなかったという事は、買いのエネルギーが鈍っていることを示してもいるのでござる。この陽の陽はらみが出た翌日に、かぶせ線十字線が出現した場合には、相場転換したと考えるのでござるぞ。

逆のパターンは底値圏で現れる陰の陰はらみでござる。こちらは買いサインとなるのでござる。

関連記事

【(酒田五法)三空について説明するぞ!(その1)】

前回まで数回に渡り、は三川を説明したぞ! 今回は、三空について説明するのじゃ!! 三空とは、ローソク足とローソク足の間に空間が出来る形のことを言うのじゃ。この空間を窓や空と言うのじゃが、これが3回連続 …

小幅上放れ黒線【買いシグナルの酒田五法22】

今回もまた、上昇トレンドの中で見られる買いサインについて見てみるのでござる! 今回見るのは、小幅上放れ黒線でござるぞ。 小幅上放れ黒線とは、安い水準での値幅の小さいもみ合いが続いた後に、突如上放れて窓 …

連続下げ三手放れ三ツ星【買いシグナルの酒田五法13】

底値圏で見られる上昇サインについて、今回も見てみるのじゃ! 今回は、連続下げ三手放れ三ツ星について見てみるのでござるぞ! 連続下げ三手放れミツ星とは、下放れて窓を開け、3本の短い陰線が続き、十字線が現 …

最後の抱き線【売りシグナルの酒田五法10】

今回もまた、天井圏で見られる売りサインを見てみるのでござる。 今回は最後の抱き線でござるぞ。 上昇相場で、陰線が出現し、その次に、陰線の終値よりも低い価格で始値がスタートした大きな陽線が出現した形を、 …

【移動平均線と株価の位置関係を見てみるのでござる】

前回、移動平均線について見てみたのじゃが、今回もまた、移動平均線について取り上げるのでござる。 移動平均線はどのようにして算出されるのか、ということを前回見てみたのでござるが、では、算出された移動平均 …

トップへ戻る