陰の陰はらみ【買いシグナルの酒田五法1】

Pocket

これまで、酒田五法の5つの基本となる型とそれぞれの種類を見てきたのでござるが、今度はそれらを組み合わせ、売り買いのシグナルとなるものを確認してみるぞ。
今回からは、買いのシグナルとなるものについて整理・確認してみるのじゃ。

買いシグナルは「底」を示しているのでござる。下がるだけ下がり、これ以上は下がらない、という底の到来を表しているものが買いシグナルなのでござる。そのため、紹介する買いシグナルは、基本的に底値圏で出るものということを覚えておくと良いのでござる。

●陰の陰はらみ

はらみ線とは、最初のローソク足にすっぽり包まれるような短いローソク足のことを言うのでござる。
下降トレンドの最中に出た場合、売りの勢いが落ち、その一方で買いの勢いが盛り返し、売り勢力と拮抗しはじめたことを示しておるのじゃ。
陰の陰はらみが出現し、その後の陽線の始値が最後の陰線よりも高い、あるいは陽線の抱き線(1つ前のローソク足を完全に包むくらい大きなローソク足)が出た場合は、買い注文をしてOKじゃ。

次回も買いシグナルを見てみるぞ!

関連記事

放れ七手の変化底【買いシグナルの酒田五法12】

前回は放れ五手一本底についてみてみたのでござる。 今回も底値圏で見られる上昇サインについて見てみるのじゃ! 今回は、放れ七手の変化底を見てみるのでござるぞ。 このような形なのじゃ。 窓を開けて下落した …

三手放れ寄せ線【売りシグナルの酒田五法13】

下降トレンドで見られる売りサインについて今回も見てみるのでござる。 今回見るのは捨て子線なのでござる。 このような形でござる。 捨て子線については、底値圏で見られるもの、天井圏で見られるものについて見 …

【移動平均線の期間設定をもっと見てみるのでござる】

前回は移動平均線の期間設定について見てみたのでござる。 今回は最初に、期間設定についての補足を説明するのでござるぞ! 前回は、様々な期間設定についての例を挙げたのでござるが、移動平均線は、短期間ほど実 …

【ストキャスティクスをうまく使いこなすためには?】

前回書いたとおり、ストキャスティクスには、反応が早すぎるという長所でもあり短所でもある特徴があるのでござる。この反応の速さが短所になる場合の問題点を克服するため、実際の売買判断では、その難点を克服する …

陽の陰はらみ【売りシグナルの酒田五法5】

今回もまた、天井圏で見られる売りサインを見てみるぞ! 今回は陽の陰はらみを見てみるのでござる。 このような形でござるぞ! 陽の陰はらみとは、上昇トレンドの中の天井付近で大陽線が出て、前日の大陽線の中に …

トップへ戻る