鍋底【買いシグナルの酒田五法10】

Pocket

今回も、底値圏で見られる上昇サインについて見てみるのでござる!
今回は、鍋底について見てみるぞ!
このような形なのじゃ!

鍋底とは、株価が低迷したまま長期にわたり続いている状態のことなのでござる。相場が長い間低迷すると鍋の底のような形になるから、この名がついたのじゃ。ちなみに、英語ではこの鍋底のことを「ソーサーボトム(皿の底)」と呼んでいるのでござるぞ!

鍋底の時は、悪材料が出たとしても株価にさほど反映されないのでござる。底値圏で何度もレンジ相場を繰り返すこともあるのじゃぞ。そのうち下値が切り上がり出し、相当時間がたってから上放れして寄りついたところがトレンド転換になることが多いのでござるぞ。

なお、底値でもみ合う期間は1~3カ月くらい要することもよくあるのでござる。V字型の転換ではなく、ゆっくり上昇転換するのがこの鍋底の特徴なのでござるぞ!

なお、この鍋底の反対のパターンは、高値圏で現れる団子天井でござる。

関連記事

【ボリンジャーバンドって何でござるか?】

前回まで、数回に渡って移動平均線について説明したのでござるが、今回からは、ボリンジャーバンドを解説するのでござる! ボリンジャーバンドは移動平均線同様、メジャーなテクニカル指標なのじゃ。そもそもボリン …

【酒田五法について説明するぞ!】

前回触れた酒田罫線じゃが、その内容について、今回から詳しく見ていくぞ! この酒田罫線では酒田五法と呼ばれるローソク足の並びがあるのじゃ。 このローソク足の並びや形でその後の相場の流れを読んで行くのじゃ …

【(酒田五法)三空について説明するぞ!<その3>】

前回は三空の補足事項として、アメリカで使われている4種類のギャップのうち、ボックス相場で見られる特に意味のないコモンギャップと、ボックス相場からの転換を示すブレイクアウェイギャップについて見てみたぞ。 …

【MACDでの的中率を上げるにはどうしたら良いでござるか?】

これまで数回に渡り、MACDについて取り上げてきたぞ! MACDは、相場がもみ合うと、小さなゴールデンクロスやデッドクロスが頻繁に出て、だましが増えてしまうのでござる。また、移動平均がベースとなってい …

入り首とアテ線【売りシグナルの酒田五法18】

今回もまた、下降トレンドの中で見られる売りサインを見てみるぞ! 今回見るのは、入り首とアテ線でござる。 入り首はこのような形でござる。 アテ線はこのような形でござる。 入り首は陽線で、下落相場において …

トップへ戻る