放れ五手黒一本底【買いシグナルの酒田五法11】

Pocket

今回も、底値圏で見られる上昇サインについて見てみるのでござる。
今回見るのは、放れ五手黒一本底でござるぞ。
このような形なのじゃ!

放れ五手黒一本底とは、下降トレンドの時、窓を開けた下落した後に、小陰線や小陽線がいくつか出現し、大陰線が出現した状態のチャートのことを言うのでござる。小陰線や小陽線が出現し、もみあいながらじりじりと下降していくのでござるが、大陰線の出現の後、この大陰線の終値よりも高い価格で次のローソク足が出た場合は買いトレンドへの転換を暗示しているのでござる。反対に、陰線の終値よりも低い価格で次のローソク足が出た場合は、まだ下降トレンドは終わらない、ということなのでござるぞ。

もしも大陰線の終わりの後に、高い価格で次のローソク足が出て、かつ陽線となった場合は、上昇トレンドへ変更したと考えて良いのでござるぞ。

関連記事

【またHLバンドについて見てみるのじゃ!】

前回HLバンドについて取り上げたのじゃが、今回もまたHLバンドを見てみるのでござるぞ! HLバンドはトレンドの方向はMバンドの向きで確認するのでござるぞ。 Hバンドを抵抗線と考え、Lバンドを支持線と考 …

【パラボリックとは何でござるか?】

パラボリックとはトレンド系テクニカル指標の一つなのでござる。「パラボリック」という名前は放物線という意味で、ローソク足チャートの上下に出ている放物線の形をした線のことを意味しておるのでござる。RSIの …

【解散価値を大きく割れた同じPBRの会社を見てみるのでござる】

PBRが1倍割れというのは、解散価値を割っているということは、すでに説明したとおりなのでござる。 今回は、同じPBRでもバランスシートの中身が違う会社AとBについて見てみるのでござる。 A社とB社はど …

【一目均衡表って何じゃ?】

一目均衡表は、日本生まれの数少ないテクニカル指標の一つで、株式評論家の細田悟一氏が一目山人というペンネームで戦前に発表したテクニカル指標でござる。延べ2000人のスタッフ(学生)とおよそ7年の歳月をか …

【(酒田五法)三兵について説明するぞ!<その2>】

前回は、説明するのは、三兵の一つである赤三兵を説明したぞ。 前回説明した赤三兵はあくまでも基本の形じゃったが、今回はその亜種について説明するぞ。 今回見てみるのは、赤三兵の一種である赤三兵先づまりじゃ …

トップへ戻る