放れ七手の変化底【買いシグナルの酒田五法12】

Pocket

前回は放れ五手一本底についてみてみたのでござる。
今回も底値圏で見られる上昇サインについて見てみるのじゃ!
今回は、放れ七手の変化底を見てみるのでござるぞ。
このような形なのじゃ。

窓を開けて下落した後に安値圏でもみ合い、上放れた陽線が出た状態のことを言うのじゃ。 窓を開けるほど大きく下落したことで、「もうこれ以上は下げない」と判断して買い戻しが始まっている状態を示しているのでござるぞ。

七手と言うが、7本目に陽線が出てトレンド転換する…という意味ではなく、あくまで目安としての「七手」という名前がついているのでござる。底入れしそうという判断が大勢を占め、高値寄り付きして陽線が出た場合は上昇へのトレンド転換する…と言われているものの、再下落することもあるのでござる。そのため、その後のローソク足の形に注意するのじゃ。なお、 出現した陽線が高値寄り付きの大陽線であれば、目先の底は打ったと考えて良いでござるぞ。また、上昇が始まった場合、直近の窓を埋めるまでは、上がる可能性が高いと通常考えるのでござる。この窓が小さい場合はすぐに埋まってしまうので、注意が必要じゃぞ。

関連記事

【移動平均線乖離率って何でござるか?】

数回に渡って移動平均線について取り上げてきたのでござるが、今回は、移動平均線乖離率について取り上げるのでござる。 この移動平均線乖離率とは、株価が移動平均線に対してどれくらい離れているかを見るものなの …

抱き線【売りシグナルの酒田五法9】

今回もまた、天井圏で見られる売りサインを見てみるのでござる。 今回見るのは、抱き線でござる。別名つつみ線とも呼ばれておるぞ。 このような形でござる。 抱き線とは、前日のローソク足を包み込むような形にな …

【ウィリアムズ%Rの取引方法を説明するのでござる】

前回まで、ウィリアムズ%Rの概要を説明したのでござる。その中で少しだけ触れた、ウィリアムズ%Rの売りと買いのシグナルについて、今回は詳しく見てみるのでござるぞ。 □買いシグナル□ ●「%R」が上限ライ …

【移動平均乖離率の使い方を見てみるのでござるぞ!】

移動平均線は株価の平均値であるのはすでに説明したとおりでござる。そのため、株価が上がれば同じように上昇、株価が下がれば同じように下降するという特徴があるのでござる。株価が移動平均線から離れすぎると必ず …

たくり線【買いシグナルの酒田五法5】

今回もまた底値圏で見られる買いサインについて見てみるのでござる。 今回見るのはたくり線でござる。 「たくり線」とは下降局面で安く寄り付きいて出現する、下ヒゲの長いローソク足のことでござるぞ。 図のよう …

トップへ戻る