抱き線【買いシグナルの酒田五法3】

Pocket

前回・前々回と、陰の陰はらみ、陰の陽はらみといった、はらみというローソク足の組み合わせのうち、底の到来を予兆させる買いシグナルについて見たのでござる。
今回も底の到来を予兆させる買いシグナルを見てみるのでござる。今回紹介するのは、抱き線じゃ。

●抱き線

抱き線とは、前日のローソク足を包み込むような形で、現れるローソク足のことでござる。買いシグナルとして現れる抱き線はこんな形なのじゃ。

小陰線を包むように大陽線が出現したローソクの組み合わせの場合、相場の底値圏からの上昇を暗示しており、今までの流れが逆転するほどの強力なエネルギーが存在することを意味しているのでござる。この形が出たということは、マーケットの心理は反転し、上昇方向へトレンド転換したと考えられるのでござるよ。特に、長期に渡り下降トレンドが続いた時にこの形が現れた場合は「抱きの一本立ち」と呼ばれており、酒田罫線の中でも非常に重要な形であると考えられているのでござるぞ。この形が現れたということは、買い転換になったということを示していると考えられているのでござる。

次回も、買いシグナルのローソク足の組み合わせを見てみるのでござるぞ!

関連記事

【(酒田五法)三兵について説明するぞ!<その2>】

前回は、説明するのは、三兵の一つである赤三兵を説明したぞ。 前回説明した赤三兵はあくまでも基本の形じゃったが、今回はその亜種について説明するぞ。 今回見てみるのは、赤三兵の一種である赤三兵先づまりじゃ …

【(酒田五法)三空について説明するぞ!(その1)】

前回まで数回に渡り、は三川を説明したぞ! 今回は、三空について説明するのじゃ!! 三空とは、ローソク足とローソク足の間に空間が出来る形のことを言うのじゃ。この空間を窓や空と言うのじゃが、これが3回連続 …

上放れタスキ【買いシグナルの酒田五法19】

今回もまた、上昇トレンドで見られる買いサインを見てみるのじゃ! 今回見るのは、上放れタスキでござるぞ! このような形でござる。 上昇トレンドの初期に、窓を開けて陽線が出現し、次の足がタスキ掛けのような …

【ウィリアムズ%Rについて説明するのでござる!】

また今回も、ウィリアムズ%Rについて説明するのでござる。 ウィリアムズ%Rは、0%近辺を高値水準、100%近辺を下値水準として見るのでござる。0%、100%の水準に張り付いた動きをガーベージトップやガ …

【指数平滑移動平均線について見てみるのでござる!】

前回までMACDを見てみたのでござるが、このMACDの元となっている、指数平滑移動平均線(EMA)について見てみるのでござる。 以前紹介した、移動平均線は正確には単純移動平均線というのでござる。この単 …

トップへ戻る