差し込み線【買いシグナルの酒田五法16】

Pocket

今回も、上昇トレンドの中で現れる買いサインについて見てみるのでござる。
今回見るのは、差し込み線でござるぞ。
こんな形でござる。

差し込み線とは、最初は陰線、次に陽線という組み合わせで、最初の陰線の中央より上まで陽線が届く長さになっているのじゃ。ただし、この陽線の胴の部分の最上部は、最初の陰線の胴の最上部までは到達していないのがポイントでござる。
そのため、上昇トレンドの最中にこの差し込み線が出た場合は、最初の陰線は利益確定売りが多かったために一旦陰線を付けたものの、それも一服して買い勢力が回復したという意味合いになるのでござる。その場合は、上昇トレンドが続くということを示している可能性が高いのでござるぞ。差し込み線は、上昇相場途中のもみ合いで出ることが多い形なのでござる。

なお、差しこみ線は下降トレンドでも見られるのじゃ。その場合は、「買い勢力の追撃も及ばなかった」という意味になり、下降トレンドがより継続する傾向が強いのでござるぞ!

関連記事

放れ七手の変化底【買いシグナルの酒田五法12】

前回は放れ五手一本底についてみてみたのでござる。 今回も底値圏で見られる上昇サインについて見てみるのじゃ! 今回は、放れ七手の変化底を見てみるのでござるぞ。 このような形なのじゃ。 窓を開けて下落した …

【(酒田五法)三空について説明するぞ!<その3>】

前回は三空の補足事項として、アメリカで使われている4種類のギャップのうち、ボックス相場で見られる特に意味のないコモンギャップと、ボックス相場からの転換を示すブレイクアウェイギャップについて見てみたぞ。 …

下放れ二本黒【売りシグナルの酒田五法15】

今回もまた、下降トレンドの中で見られる売りサインについて見てみるのでござる。 今回は下放れ二本黒を見てみるのでござる。 このような形でござるぞ! 下放れ二本黒とは、下落の途中で、下放れて陰線が2本連続 …

【解散価値を大きく割れた同じPBRの会社を見てみるのでござる】

PBRが1倍割れというのは、解散価値を割っているということは、すでに説明したとおりなのでござる。 今回は、同じPBRでもバランスシートの中身が違う会社AとBについて見てみるのでござる。 A社とB社はど …

下放れの並び赤【売りシグナルの酒田五法17】

今回もまた、下降トレンドで出現する売りサインについて見てみるぞ! 今回見るのは下放れの並び赤でござる。 このような形なのでござる。 下放れの並び赤とは、下降トレンドの中、下放れた陽線が出現し、その次に …

トップへ戻る