団子天井【売りシグナルの酒田五法3】

Pocket

今回も天井圏で見られる売りサインについて見てみるのじゃ!
今回見るのは団子天井なのでござるぞ。
このような形でござる。

団子天井は、高値圏で短い足が何本も続いた後、窓を開けて下放れた陰線が出現した状態のチャートのことでござる。

緩やかな半円の天井を描く形なのでござるぞ。円を描いている形のチャートであるため、団子を連想させる、ということで、団子天井という名がついているのでござる。なお、ラウンドトップとも呼ばれておるのでござる。

高値でもみ合った後に上放れた場合は、買いサインとなるのでござる。しかし、下に放れた場合には、ここが天井となり、その後下落していく可能性が高いのでござる。

逆のパターンは底値圏で現れる鍋底で、買いサインなのでござる。

関連記事

【(酒田五法)三川について説明するぞ!<その1>】

今回は酒田五法の三川について説明をするぞ! 非常にバリエーションが多いのがこの三川で、三川明の明星、三川宵の明星が代表的じゃ! ローソク足の線の並びに注目した分析方法が三川であると考えられており、前回 …

三羽烏【売りシグナルの酒田五法2】

今回もまた、天井圏で見られる売りサインについて見てみるのでござる。 今回見るのは三羽烏なのでござるぞ。 このような形なのじゃ! 三羽烏(さんばがらす)とは、安寄りした陰線が3本連続で出現した状態のこと …

三手放れ寄せ線【売りシグナルの酒田五法13】

下降トレンドで見られる売りサインについて今回も見てみるのでござる。 今回見るのは捨て子線なのでござる。 このような形でござる。 捨て子線については、底値圏で見られるもの、天井圏で見られるものについて見 …

【移動平均線の期間設定についてみてみるぞ!】

前回は、グランビルの8法則に基づく、移動平均線と株価の位置関係と売買ポイントについて見てみたぞ! 今回は、移動平均線の期間設定について見てみるのでござる。 移動平均線は、期間設定が短いほど現実の株価の …

【グランビルの8法則を見てみるのでござる】

移動平均線はどのようなものか、計算方法や位置関係などを数回に渡り説明してきたのでござるが、そもそも移動平均線は誰が作ったのじゃろうか。 移動平均線は、もともとアメリカで生まれたのでござる。アメリカのチ …

トップへ戻る