入り首とアテ線【売りシグナルの酒田五法18】

Pocket

今回もまた、下降トレンドの中で見られる売りサインを見てみるぞ!
今回見るのは、入り首とアテ線でござる。
入り首はこのような形でござる。

アテ線はこのような形でござる。

入り首は陽線で、下落相場において、直前のローソク足の終値より安値で始まり、直前のローソク足に多少食い込む形のローソク足なのでござる。
あて首線も同様に陽線でござる。同じく下落相場において、直前のローソク足の終値より安値で始まり、直前のローソク足の安値水準までしか戻せないパターンなのでござる。

どちらも変化の激しい相場に現れやすい形で、この後下げるようであれば、追撃売りのチャンスとなるのでござるぞ!

関連記事

三手放れ寄せ線【売りシグナルの酒田五法14】

今回もまた、下降トレンドで見られる売りサインについて見てみるのでござるぞ! 今回見るのは、下げ三法なのでござる。 このような形でござるぞ。 上げ三法でも説明したとおり、三法とは「売り・買い・休み」を意 …

【指数平滑移動平均線について見てみるのでござる!】

前回までMACDを見てみたのでござるが、このMACDの元となっている、指数平滑移動平均線(EMA)について見てみるのでござる。 以前紹介した、移動平均線は正確には単純移動平均線というのでござる。この単 …

【ストキャスティクスをうまく使いこなすためには?】

前回書いたとおり、ストキャスティクスには、反応が早すぎるという長所でもあり短所でもある特徴があるのでござる。この反応の速さが短所になる場合の問題点を克服するため、実際の売買判断では、その難点を克服する …

【(酒田五法)三兵について説明するぞ!<その2>】

前回は、説明するのは、三兵の一つである赤三兵を説明したぞ。 前回説明した赤三兵はあくまでも基本の形じゃったが、今回はその亜種について説明するぞ。 今回見てみるのは、赤三兵の一種である赤三兵先づまりじゃ …

【グランビルの8法則を見てみるのでござる】

移動平均線はどのようなものか、計算方法や位置関係などを数回に渡り説明してきたのでござるが、そもそも移動平均線は誰が作ったのじゃろうか。 移動平均線は、もともとアメリカで生まれたのでござる。アメリカのチ …

トップへ戻る