下放れタスキ【売りシグナルの酒田五法16】

Pocket

今回もまた、下降トレンドで見られる売りサインについて見てみるのでござる!
今回は下放れタスキを見てみるのでござるぞ。
このような形なのでござる。

下放れタスキは、下降トレンドの際、下放れた陰線が出現し、その次に陰線の終値より高い価格の始値の陽線が出現したチャートのことでござる。
陰線の後に、陰線の終値より高い始値の陽線が出たことから、下げ止まりなのでは?と思ってしまうが、実際は、下放れた後のタスキは大暴落の前兆であるとされているのでござるぞ!

逆のパターンは上昇トレンドで現れる上放れタスキで、買いサインとなるのでござる。

関連記事

【ストキャスティクスの効果的な使い方とは】

ストキャスティクスじゃが、反応が早すぎるという諸刃の剣である特徴があるため、トレンド系指標と組み合わせて使うのが良いのでござる。トレンドが強い相場ではダマシだらけになってしまう欠点があるため、ストキャ …

上放れの並び赤【買いシグナルの酒田五法20】

今回もまた、上昇トレンドで見られる買いサインを見てみるのじゃ! 今回見るのは、上放れの並び赤でござるぞ! このような形なのでござる。 上放れの並び赤は、上昇トレンド中、短いローソクが何本も続き、じりじ …

【またHLバンドについて見てみるのじゃ!】

前回HLバンドについて取り上げたのじゃが、今回もまたHLバンドを見てみるのでござるぞ! HLバンドはトレンドの方向はMバンドの向きで確認するのでござるぞ。 Hバンドを抵抗線と考え、Lバンドを支持線と考 …

団子天井【売りシグナルの酒田五法3】

今回も天井圏で見られる売りサインについて見てみるのじゃ! 今回見るのは団子天井なのでござるぞ。 このような形でござる。 団子天井は、高値圏で短い足が何本も続いた後、窓を開けて下放れた陰線が出現した状態 …

【移動平均線乖離率って何でござるか?】

数回に渡って移動平均線について取り上げてきたのでござるが、今回は、移動平均線乖離率について取り上げるのでござる。 この移動平均線乖離率とは、株価が移動平均線に対してどれくらい離れているかを見るものなの …

トップへ戻る