下値遊び【売りシグナルの酒田五法15】

Pocket

今回もまた、下降トレンドの中で見られる売りサインを見てみるのでござる。
今回は下値遊びを見てみるのでござる。
このような形でござるぞ。

下値遊びは、大陰線で下落した後、比較的小さなローソク足を5本から10本出し、その後下放れた陰線が現れた形のことでござる。

小さなローソク足が続いている時は、底に入ったように思うのでござるが、このもみ合いは、利益確定の買い戻しが入ったり強気の売りが入ったりと、売りと買いが拮抗した状態なのでござるその後下に窓を開けて陰線が現れているため、もみ合いでたまった圧力が一気に下落したと考えられるのでござる。つまり、もみ合いは、下落相場の中の中段持ち合いであったということなのでござる。

もみ合いの後、上向けばトレンド転換の可能性も出てくるのでござるが、下値遊びは下に窓を空けて陰線が出現しておるため、暴落が始まると考えられておるぞ。

下落相場でもみ合いになったら一度様子を見て、その後どちらに向かうのかを確認するのが大切でござるぞ。

逆のパターンは以前紹介した、上昇トレンドで現れる上値遊びなのでござる。こちらは買いサインなのでござる。

関連記事

【移動平均線と株価の位置関係を見てみるのでござる】

前回、移動平均線について見てみたのじゃが、今回もまた、移動平均線について取り上げるのでござる。 移動平均線はどのようにして算出されるのか、ということを前回見てみたのでござるが、では、算出された移動平均 …

鍋底【買いシグナルの酒田五法10】

今回も、底値圏で見られる上昇サインについて見てみるのでござる! 今回は、鍋底について見てみるぞ! このような形なのじゃ! 鍋底とは、株価が低迷したまま長期にわたり続いている状態のことなのでござる。相場 …

【(酒田五法)三兵について説明するぞ!<その2>】

前回は、説明するのは、三兵の一つである赤三兵を説明したぞ。 前回説明した赤三兵はあくまでも基本の形じゃったが、今回はその亜種について説明するぞ。 今回見てみるのは、赤三兵の一種である赤三兵先づまりじゃ …

入り首とアテ線【売りシグナルの酒田五法19】

今回もまた、下降トレンドの中で見られる売りサインについて見てみるのじゃ! 今回見るのは二ツ星、三ツ星でござる。 このような形でござるぞ。 二ツ星・三ツ星は、以前上昇トレンドの底値圏で見られるものについ …

【ストキャスティクスの効果的な使い方とは】

ストキャスティクスじゃが、反応が早すぎるという諸刃の剣である特徴があるため、トレンド系指標と組み合わせて使うのが良いのでござる。トレンドが強い相場ではダマシだらけになってしまう欠点があるため、ストキャ …

トップへ戻る