上げ三法【買いシグナルの酒田五法17】

Pocket

今回も上昇トレンドで見られる買いサインを見てみるのじゃ!
今回見るのは上げ三法なのでござる。
このような形でござるぞ。

三法とは、「売り・買い・休み」のことでござる。酒田五法では、休む相場の重要性を説いておるのでござる。今までは、ローソク足の組み合わせやチャートの形で買い・売りのタイミングについて見てきたが、この休む相場では、「相場の転換点なのか、小休止なのかを見極める」ということを説いているのでござる。相場の中で発生する保ち合いを見極め、むやみやたらと売り買いだけをするべきではない、ということなのでござる。

この上げ三法は上昇トレンド中でよく見られるのじゃ。上げ三法では、大陽線が短か目の陰線を3本はらんでいるのでござる。そして、翌日に最後の陰線よりも高値寄りした陽線が出現した形になっておるのでござるぞ。この上げ三法は、上昇トレンドの一時的な休みを示しておるのじゃ。最後に高寄りした陽線が出たことで、買いサインを考えるのでござる。

反対に、下降トレンドで見られる下げ三法というものもあるのでござる。

関連記事

たくり線【買いシグナルの酒田五法5】

今回もまた底値圏で見られる買いサインについて見てみるのでござる。 今回見るのはたくり線でござる。 「たくり線」とは下降局面で安く寄り付きいて出現する、下ヒゲの長いローソク足のことでござるぞ。 図のよう …

陽の陰はらみ【売りシグナルの酒田五法5】

今回もまた、天井圏で見られる売りサインを見てみるぞ! 今回は陽の陰はらみを見てみるのでござる。 このような形でござるぞ! 陽の陰はらみとは、上昇トレンドの中の天井付近で大陽線が出て、前日の大陽線の中に …

陰の陰はらみ【買いシグナルの酒田五法1】

これまで、酒田五法の5つの基本となる型とそれぞれの種類を見てきたのでござるが、今度はそれらを組み合わせ、売り買いのシグナルとなるものを確認してみるぞ。 今回からは、買いのシグナルとなるものについて整理 …

【MACDでの的中率を上げるにはどうしたら良いでござるか?】

これまで数回に渡り、MACDについて取り上げてきたぞ! MACDは、相場がもみ合うと、小さなゴールデンクロスやデッドクロスが頻繁に出て、だましが増えてしまうのでござる。また、移動平均がベースとなってい …

下放れタスキ【売りシグナルの酒田五法16】

今回もまた、下降トレンドで見られる売りサインについて見てみるのでござる! 今回は下放れタスキを見てみるのでござるぞ。 このような形なのでござる。 下放れタスキは、下降トレンドの際、下放れた陰線が出現し …

トップへ戻る