三手放れ寄せ線【売りシグナルの酒田五法11】

Pocket

今回もまた、天井圏で見られる売りサインについて見てみるのでござる。
今回は、三手放れ寄せ線でござるぞ。
このような形でござる。

三手放れ寄せ線とは、上昇トレンドの中、上放れした状態で陽線が3連続で出現し、その後に十字線が出てきた形のチャートのことでござる。

上昇相場で窓を開けて陽線が出た後に、3本新高値を付けたということは、買い注文が多く出ていることを示しているのでござる。しかし、その後に十字線が出たということは、売りと買いが拮抗した「迷い」の状態であることを示しておるぞ。この形は、上昇エネルギーの急激な発散による極限状態であり、売り勢力が力をつけていることを表しているのでござる。

十字線の後が安寄りした場合は、下降トレンドへ転換した可能性が高いのでござる。

関連記事

陰線五本【売りシグナルの酒田五法8】

今回もまた、天井圏で見られる売りサインについて見てみるのじゃ! 今回見るのは、陰線五本でござるぞ。 こんな形でござる。 陰線五本は、5連続で陰線が出ているチャートのことで、5本の陰線が横ばいまたは、そ …

【ボリンジャーバンドって何でござるか?】

前回まで、数回に渡って移動平均線について説明したのでござるが、今回からは、ボリンジャーバンドを解説するのでござる! ボリンジャーバンドは移動平均線同様、メジャーなテクニカル指標なのじゃ。そもそもボリン …

陰の陰はらみ【買いシグナルの酒田五法1】

これまで、酒田五法の5つの基本となる型とそれぞれの種類を見てきたのでござるが、今度はそれらを組み合わせ、売り買いのシグナルとなるものを確認してみるぞ。 今回からは、買いのシグナルとなるものについて整理 …

【(酒田五法)三兵について説明するぞ!<その3>】

前回は、赤三兵の一種である赤三兵先づまりをを説明したぞ。 今回見てみるのは、前回同様、赤三兵の一種である赤三兵思案星じゃ。 こんな形でござるぞ! この赤三兵思案星も、基本の赤三兵同様、一応陽線が切り上 …

【ストキャスティクスをうまく使いこなすためには?】

前回書いたとおり、ストキャスティクスには、反応が早すぎるという長所でもあり短所でもある特徴があるのでござる。この反応の速さが短所になる場合の問題点を克服するため、実際の売買判断では、その難点を克服する …

トップへ戻る