【MACDでどのようにトレンドを見るのでござるか?】

Pocket

前回、MACDとはどのようなものなのか、ということを説明したのでござるが、今回もまた、MACDの特徴を説明するのでござる。

前回説明したとおり、MACDは日本語にすると『移動平均収束拡散法』というもので、「短期移動平均線と長期移動平均線の差」によって算出される指標なのでござる。そのため、パーセンテージではなく、実際の株価の値幅が単位となるのでござるぞ。

前回も書いたとおり、短期移動平均線が長期移動平均線を上回っているのは、株価の上昇力が強いことを意味しており、逆に短期移動平均線が長期移動平均線を下回っているのは、株価が下降する力が強いことを示しておるのでござるぞ。つまり、短期移動平均線>長期移動平均線の場合、MACDはプラス、短期移動平均線<長期移動平均線の場合、MACDはマイナスとなるのでござる。つまり、MACDが0以上であれば「上昇トレンド」と判断でき、マイナスであれば下降トレンドになるのでござる。

MACDがプラスから0になるのは、「短期移動平均線-長期移動平均線=0」になった時で、この時はデッドクロスした瞬間なのじゃ。また、「長期移動平均線-短期移動平均線=0」になった時はゴールデンクロスした瞬間なのでござるぞ。

前回も書いたとおり、MACDは移動平均線よりも早い段階で「トレンドの転換」を判断できる点が使いやすいのでござるぞ!
さらに、MACDとその移動平均線であるシグナル線という2本の線の交差を売買判断に使うことで、トレンドの行き過ぎをとらえた逆張り的な売買手法としても使うことができるのでござる。

関連記事

【ゴールデンクロスとデッドクロスを見てみるのじゃ!】

ここまで何回かに渡って移動平均線を見てきておるが、この移動平均線で有名なのが、ゴールデンクロスとデッドクロスでござるぞ。 ゴールデンクロスとデッドクロスという名前を聞いたことがある、という方もいるので …

【ストキャスティクスをうまく使いこなすためには?】

前回書いたとおり、ストキャスティクスには、反応が早すぎるという長所でもあり短所でもある特徴があるのでござる。この反応の速さが短所になる場合の問題点を克服するため、実際の売買判断では、その難点を克服する …

波高い線【売りシグナルの酒田五法7】

今回もまた、天井圏で見られる買いサインを見てみるぞ! 今回見るのは波高い線なのでござる。 このような形でござるぞ。 波高い線とは、上下に長いヒゲが出て実体が短くなっているローソクが現れたチャートのこと …

【ボリンジャーバンドはどうやって使うのでござるか?】

数回にわたってボリンジャーバンドについて取り上げておるのでござるが、では、ボリンジャーバンドはどのように使うのでござろうか?実際の使い方について見てみるのでござる。 ボリンジャーバンドは、収束と拡散を …

二本の差し込み線【買いシグナルの酒田五法8】

今回もまた、底値圏で見られる上昇サインを見てみるのでござるぞ! 今回見るのは、二本の差し込み線でござる。 そもそも差し込み線とは、最初に陰線、次に陽線という組み合わせで、かつ、2本目の陽線の実線(胴の …

トップへ戻る