【解散価値を大きく割れた同じPBRの会社を見てみるのでござる】

Pocket

PBRが1倍割れというのは、解散価値を割っているということは、すでに説明したとおりなのでござる。
今回は、同じPBRでもバランスシートの中身が違う会社AとBについて見てみるのでござる。
A社とB社はどちらもPBR0.5倍なのでござるぞ。

A社…資産1000億円、負債800億円、自己資本200億円、株式時価総額100億円

B社…資産1000億円、負債200億円、自己資本800億円 株式時価総額400億円

以前も同じような会社を見たことがあるのは覚えておるでござるか?
このA社とB社の株じゃが、買うとしたらどちらが良いかと言うと、B社が良いのでござるぞ。
というのも、B社は資産1000億円をすべて現金化して負債を返すと、手元に800億円が残るのでござるぞ。
一方のA社は、資産1000億円をすべて現金化して負債を返しても、手元に200億円しか残らないのでござる。ちなみに、A社、B社とも、税金や取引コストはかからないと仮定しておるのでござる。
自己資本は返済の義務のないお金なのでござる。株主から調達したお金や今までに累積した利益からなるのでござるぞ。
しかし、負債に関しては、返済義務があるのでござる。銀行から借りたお金や誰かに一時的に立て替えてもらっているお金が負債に該当するのでござるぞ。
なお、A社、B社ともに負債を返済した後に残る金額が、解散価値となるのでござるぞ。

関連記事

三手放れ寄せ線【売りシグナルの酒田五法13】

下降トレンドで見られる売りサインについて今回も見てみるのでござる。 今回見るのは捨て子線なのでござる。 このような形でござる。 捨て子線については、底値圏で見られるもの、天井圏で見られるものについて見 …

最後の抱き線【売りシグナルの酒田五法10】

今回もまた、天井圏で見られる売りサインを見てみるのでござる。 今回は最後の抱き線でござるぞ。 上昇相場で、陰線が出現し、その次に、陰線の終値よりも低い価格で始値がスタートした大きな陽線が出現した形を、 …

たくり線【買いシグナルの酒田五法5】

今回もまた底値圏で見られる買いサインについて見てみるのでござる。 今回見るのはたくり線でござる。 「たくり線」とは下降局面で安く寄り付きいて出現する、下ヒゲの長いローソク足のことでござるぞ。 図のよう …

【一目均衡表の計算式とは?】

一目均衡表は、ローソク足と5線の折れ線グラフ(転換線・基準線・先行スパン1・先行スパン2・遅行スパン)から構成されいるのでござる。 その計算式は、 ・転換線 転換値=(当日を含む過去9日間の最高値+9 …

捨て子線【買いシグナルの酒田五法9】

今回も、底値圏で見られる上昇サインについて見てみるのでござる! 今回は、捨て子線について見てみるのじゃ。 捨て子線とは、十字線が宙に浮いたような状態で、前後の足と離れている形のことを言うのでござる。 …

トップへ戻る