【繰越税金資産のある会社とそうでない会社とを比べるのでござる】

Pocket

前回、繰越税金資産について書いたのでござる。この繰越税金資産は、将来税金を払わないで良い権利のことを言うのでござる。

今回もまた2つの会社を比べてみるのでござる。この2つの会社は、どちらもPBRが0.5倍なのでござるぞ。

【A社】
流動資産200億円、固定資産300億円
流動負債150億円、固定負債250億円、資本金等50億円、剰余金50億円

【B社】
流動資産150億円、固定資産230億円、繰延税金資産30億円、欠損金90億円
流動負債200億円、固定負債200億円、資本金等200億円

このA社とB社じゃが、どちらの株が買いかというと、A社なのでござる。
B社は欠損金があるのでござる。創業以来の損益累積が90億円となっているため、資本金等は200億円となっているものの、欠損金と相殺されてしまい、110億円しか残らないことになるのでござる。このような欠損金が出る会社は、将来の収益力が心配されるのでござるぞ。

また、繰延税金資産が20億円あるのでござるが、この繰延税金資産は、将来黒字計上した時に税金を払わなくても良い権利を資産として計上しているものなのでござるが、将来の収益力に不安がある場合は、取り崩さないといけないのでござる。純資産が110億円に対し、繰延税金資産が30億円なので、財政が健全だとは言い難いのでござるぞ。

さらに、流動資産より流動負債の方が大きく、財務が不安定であることもB社が不安視される原因となっているのでござる。

関連記事

【RSIの効果的な使い方を考えてみるのでござる!】

前回紹介したRSIじゃが、RSIが70~80%以上になったら買われ過ぎ→売り、RSIが20~30%以下になったら売られ過ぎ→買いという判断を一般的に下す、というのはすでに説明したとおりでござるぞ。そし …

抱き線【買いシグナルの酒田五法3】

前回・前々回と、陰の陰はらみ、陰の陽はらみといった、はらみというローソク足の組み合わせのうち、底の到来を予兆させる買いシグナルについて見たのでござる。 今回も底の到来を予兆させる買いシグナルを見てみる …

小幅上放れ黒線【買いシグナルの酒田五法22】

今回もまた、上昇トレンドの中で見られる買いサインについて見てみるのでござる! 今回見るのは、小幅上放れ黒線でござるぞ。 小幅上放れ黒線とは、安い水準での値幅の小さいもみ合いが続いた後に、突如上放れて窓 …

【移動平均線の期間設定についてみてみるぞ!】

前回は、グランビルの8法則に基づく、移動平均線と株価の位置関係と売買ポイントについて見てみたぞ! 今回は、移動平均線の期間設定について見てみるのでござる。 移動平均線は、期間設定が短いほど現実の株価の …

最後の抱き線【買いシグナルの酒田五法4】

抱き線とは、前日のローソク足を包み込むような形になる事で、包み線とも言うのでござるぞ。 最後の抱き線は、上昇トレンドでも下降トレンドでも見られるのでござる。今回紹介するのは、下降トレンドの中、陽線が出 …

トップへ戻る