【移動平均乖離率ってなんでござるか?】

Pocket

今回は移動平均乖離率(いどうへいきんかいりりつ)を紹介するぞ!

移動平均乖離率とは、株価が移動平均線からどれくらい離れているかを見る指標でござるぞ。
株価の終値と指定期間(一般的には5日・25日・13週・26週のいずれか)の移動平均線の平均値がどれくらい離れているのかを数値化しているのでござる。この移動平均乖離率は、株式の買われ過ぎや売られ過ぎの判断材料に使われておるのでござる。

終値が指定期間の移動平均値より高いと移動平均乖離率はプラスになるのでござる。その場合は

(1)5%以上になると相場が目先調整局面を迎える。
(2)10%以上になると天井になる。

と一般的に言われているのでござる。

逆に、終値が指定期間の移動平均値より低いと移動平均乖離率はマイナスになるのでござるぞ。その場合は、
(1)マイナス5%以下になると相場が目先反発に転じる。
(2)マイナス10%以下になると天底である。

と一般的に言われているのでござる。

これが移動平均乖離率なのでござる。

また次回も移動平均乖離率について取り上げるぞ!

関連記事

【移動平均線って何でござるか?】

今回から見ていくのは、チャート分析の鉄板とも言える、移動平均線でござる。 移動平均線は、一定期間の株価の終値平均値を、毎日、毎週、毎月といった一定期間で割ってグラフ化したものでござるぞ。名前をよく聞く …

【一目均衡表の計算式とは?】

一目均衡表は、ローソク足と5線の折れ線グラフ(転換線・基準線・先行スパン1・先行スパン2・遅行スパン)から構成されいるのでござる。 その計算式は、 ・転換線 転換値=(当日を含む過去9日間の最高値+9 …

抱き線【買いシグナルの酒田五法3】

前回・前々回と、陰の陰はらみ、陰の陽はらみといった、はらみというローソク足の組み合わせのうち、底の到来を予兆させる買いシグナルについて見たのでござる。 今回も底の到来を予兆させる買いシグナルを見てみる …

最後の抱き線【売りシグナルの酒田五法10】

今回もまた、天井圏で見られる売りサインを見てみるのでござる。 今回は最後の抱き線でござるぞ。 上昇相場で、陰線が出現し、その次に、陰線の終値よりも低い価格で始値がスタートした大きな陽線が出現した形を、 …

三羽烏【売りシグナルの酒田五法2】

今回もまた、天井圏で見られる売りサインについて見てみるのでござる。 今回見るのは三羽烏なのでござるぞ。 このような形なのじゃ! 三羽烏(さんばがらす)とは、安寄りした陰線が3本連続で出現した状態のこと …

トップへ戻る