【ボリンジャーバンドって何でござるか?】

Pocket

前回まで、数回に渡って移動平均線について説明したのでござるが、今回からは、ボリンジャーバンドを解説するのでござる!

ボリンジャーバンドは移動平均線同様、メジャーなテクニカル指標なのじゃ。そもそもボリンジャーバンドとは、1980年頃に、アメリカの投資家のジョン・ボリンジャー氏が考案した指標で、移動平均を表す線と、その上下に値動きの幅を示す線を加えた指標のことなのでござる。ボリンジャー氏は、統計学の標準偏差と正規分布の考え方に基づき、株価の大半がこのバンド内に収まることを表す、ボリンジャーバンドを開発したのでござる。

標準偏差やら正規分布やらと言われると、だいぶ難しく感じてしまうのじゃが、例えば、学生時代に模試を受けたりした際、得点や順位と一緒に偏差値が記されていたのを覚えているじゃろうか?あまり思いだしたくない記憶かもしれぬが、これこそが標準偏差や正規分布なのでござるぞ。ボリンジャーバンドも同じ考え方に基づいて作られておるのでござる。

標準偏差とは、ある期間内の価格が、期間の平均値と比較し、どの程度分散しているのかを求めたものでござる。

例えば、下記の表をを見てもらいたいのでござる。

この株価の5日間の終値は、平均すると110円になるぞ。そして、各終値が平均値からどれだけ離れているかを絶対値で示すと、こんな感じになるのでござるぞ。

標準偏差は、この各数値を二乗して総和を求めたうえで期間数5で割り、√を使って平方根を求めるのでござる。この例の場合だと、10の二乗×2と5の二乗×2、そして0の二乗をプラスしたものを5で割るのじゃ。その後√で平方根を出すと、約7.07が標準偏差になるのじゃぞ。
なお、標準偏差はσ(シグマ)と呼び、「平均値±標準偏差」が±1σ線、「平均値±標準偏差×2」が±2σ線になるのでござるぞ。

この標準偏差を、統計学の「正規分布」に当てはめてみると、価格の変動が、±1σに収まる確率 = 68.26%、±2σに収まる確率 = 95.44%、±3σに収まる確率 = 99.73%になることが証明されているのでござる。

次回もまた、ボリンジャーバンドについて説明するのでござる!

関連記事

【(酒田五法)三兵について説明するぞ!<その3>】

前回は、赤三兵の一種である赤三兵先づまりをを説明したぞ。 今回見てみるのは、前回同様、赤三兵の一種である赤三兵思案星じゃ。 こんな形でござるぞ! この赤三兵思案星も、基本の赤三兵同様、一応陽線が切り上 …

陰の陰はらみ【買いシグナルの酒田五法1】

これまで、酒田五法の5つの基本となる型とそれぞれの種類を見てきたのでござるが、今度はそれらを組み合わせ、売り買いのシグナルとなるものを確認してみるぞ。 今回からは、買いのシグナルとなるものについて整理 …

入り首とアテ線【売りシグナルの酒田五法18】

今回もまた、下降トレンドの中で見られる売りサインを見てみるぞ! 今回見るのは、入り首とアテ線でござる。 入り首はこのような形でござる。 アテ線はこのような形でござる。 入り首は陽線で、下落相場において …

【(酒田五法)三川について説明するぞ!<その5>】

前回は上昇トレンドを示す三川について見てみたぞ! 今回も同様に、上昇を示唆する三川を見てみるぞ! 陽の二つ星…二つ星や三つ星という名前がつくローソク足は、胴が非常に短いものが2つ、3つ連続して現れた状 …

下放れタスキ【売りシグナルの酒田五法16】

今回もまた、下降トレンドで見られる売りサインについて見てみるのでござる! 今回は下放れタスキを見てみるのでござるぞ。 このような形なのでござる。 下放れタスキは、下降トレンドの際、下放れた陰線が出現し …

トップへ戻る