【ストキャスティクスの効果的な使い方とは】

Pocket

ストキャスティクスじゃが、反応が早すぎるという諸刃の剣である特徴があるため、トレンド系指標と組み合わせて使うのが良いのでござる。トレンドが強い相場ではダマシだらけになってしまう欠点があるため、ストキャスティクスは、レンジ相場で役立つ指標なのでござる。しかし、その諸刃の剣である反応の速さは、見方を変えれば、上昇トレンドでも下降トレンドでも、売買ポイントで早くシグナルが表示されるというメリットにもなるのでござる。

そのため、

● 上昇トレンドならスローストキャスが売られ過ぎを示したときのみ買い勝負
● 下降トレンドなら買われ過ぎを示したときのみ売り勝負

といったトレンドに対して順張りの場面で使うのも効果的なのでござる。
中長期投資でも使えるのでござるぞ!

また、逆張りにも効果的に使うことができるのでござる。
例えば、

●株価ががボリンジャーバンドの+2σを上抜け後、%Dが%SDとデッドクロス→売り
● ボリンジャーバンドの-2σを下抜け後、%Dが%SDとゴールデンクロス→買い

というシグナルで売買すると、高確率な逆張り投資ができるのでござる。
ほかにも、スローストキャスティクスで買いサインが出た後、MACD(マックディー)でもサインが出たら、
売買する、という手法もあるのでござるぞ。

関連記事

【(酒田五法)三兵について説明するぞ!<その2>】

前回は、説明するのは、三兵の一つである赤三兵を説明したぞ。 前回説明した赤三兵はあくまでも基本の形じゃったが、今回はその亜種について説明するぞ。 今回見てみるのは、赤三兵の一種である赤三兵先づまりじゃ …

【ストキャスティクスについて説明するのじゃ!】

今回は、オシレーター系の代表的なテクニカル指標ストキャスティクスを紹介するのでござる。 ストキャスティクスとは、米国のジョージ・レイン氏によって考案され、株価の「売られ過ぎ」、「買われ過ぎ」を判断する …

鍋底【買いシグナルの酒田五法10】

今回も、底値圏で見られる上昇サインについて見てみるのでござる! 今回は、鍋底について見てみるぞ! このような形なのじゃ! 鍋底とは、株価が低迷したまま長期にわたり続いている状態のことなのでござる。相場 …

【(酒田五法)三空について説明するぞ!<その3>】

前回は三空の補足事項として、アメリカで使われている4種類のギャップのうち、ボックス相場で見られる特に意味のないコモンギャップと、ボックス相場からの転換を示すブレイクアウェイギャップについて見てみたぞ。 …

入り首とアテ線【売りシグナルの酒田五法18】

今回もまた、下降トレンドの中で見られる売りサインを見てみるぞ! 今回見るのは、入り首とアテ線でござる。 入り首はこのような形でござる。 アテ線はこのような形でござる。 入り首は陽線で、下落相場において …

トップへ戻る