【グランビルの8法則を見てみるのでござる】

Pocket

移動平均線はどのようなものか、計算方法や位置関係などを数回に渡り説明してきたのでござるが、そもそも移動平均線は誰が作ったのじゃろうか。
移動平均線は、もともとアメリカで生まれたのでござる。アメリカのチャート分析家J・E・グランビルが考案したのでござる。彼は、統計学の移動平均法を株価動向の基調測定に導入し、200日移動平均線を紹介したことから、世界中に広まったのでござる。日本には昭和30年代後半に伝わったのでござる。移動平均線は、今や、株価の方向性を見るための基本的なトレンド系投資指標となり、トレーダー必須と言っても過言ではないほど浸透しているのでござる。

移動平均線の生みの親であるグランビルは、グランビルの8法則というのを提唱したのでござる。
それは何かというと、株価と移動平均線の位置関係に注目して売買のポイントを8つにまとめたものなのでござる。
買い局面、売り局面について、このようにまとめておるのでござる。

【買い局面】
①移動平均線が下降の後、横ばい、あるいは上昇している時、株価がその移動平均線を上抜けたら買いサイン。

②株価が、上昇中の移動平均線を下回った時、平均線の上昇に変化がなければ押し目買い。

③株価が上昇する移動平均線の上にあって、平均線に向かって下降し、平均線を割り込まずに再上昇したら、買い乗せ。

④平均線が下降していて、かつ、株価が大きくかけ離れて下落した場合、自立反発の可能性が大きく、短期の買い場。

【売り局面】
⑤移動平均線が上昇の後、横ばい、あるいは下降している時、株価が平均線を下抜けたら売りサイン。

⑥株価が、下降中の移動平均線を上回った時、平均線の下落が止まらないようであれば、戻り売り。

⑦株価が下降する移動平均線の下にあり、平均線に向かって上昇したものの、平均線を抜けることなく再度下落する場合は、売り乗せ。

⑧平均線が上昇していて、かつ、株価が大きくかけ離れて上昇した場合、自立反落の可能性が高く、短期の売り場。

ということなのでござるぞ!

また次回も移動平均線について見てみるのでござる!

関連記事

かぶせ線の上抜き【買いシグナルの酒田五法21】

今回もまた、上昇トレンドの中で現れる買いサインを見てみるのでござる。 今回見るのは、「かぶせ線の上抜き」なのでござる。 このような形でござるぞ。 かぶせ線の上抜きとは、上昇トレンドの中、大陽線の後に、 …

三手大黒線【買いシグナルの酒田五法7】

今回も底値圏で見られる上昇サインについて見てみるのでござるぞ。 今回は、三手大黒線でござる。 このような形でござるぞ。 下落相場で、窓を空けないで3本の大陰線が並んでいる線でござる。三手大黒線が出現し …

【(酒田五法)三兵について説明するぞ!<その2>】

前回は、説明するのは、三兵の一つである赤三兵を説明したぞ。 前回説明した赤三兵はあくまでも基本の形じゃったが、今回はその亜種について説明するぞ。 今回見てみるのは、赤三兵の一種である赤三兵先づまりじゃ …

バケ線【売りシグナルの酒田五法12】

前回までは天井圏で見られる売りサインについて見てみたのでござるが、今回からは、下降トレンドの中で見られる売りサインを見てみるのでござる。 今回見るのはバケ線でござるぞ! このような形でござる。 バケ線 …

二本の差し込み線【買いシグナルの酒田五法8】

今回もまた、底値圏で見られる上昇サインを見てみるのでござるぞ! 今回見るのは、二本の差し込み線でござる。 そもそも差し込み線とは、最初に陰線、次に陽線という組み合わせで、かつ、2本目の陽線の実線(胴の …

トップへ戻る