【ウィリアムズ%Rとは?】

Pocket

ウィリアムズ%R(William`s%R)は、アメリカの有名な株式トレーダーであるラリー・ウィリアムズが1966年に作ったオシレーター系指標でござる。%Rオシレーター、%Rとも呼ばれ、株価の買われすぎや売られすぎを測る指標なのでござる。

ウィリアムズ%Rは以下のように算出されるのでござる。

%R=100[(H-C)/(H-L)]
C=直近の終値(日中であれば現在値)
L=過去n日間の最安値
H=過去n日間の最高値

nには、もちろん様々な期間を当てはめることができるのでござる。とはいえ、一般的に設定されるNの期間は20日間が多いのでござるぞ。

この指標は、設定した期間のうち当日の価格が値動きのどの位置にいるかを示しているのでござる。当日の高値に近いほど指標が小さくなり、逆に安値になると指標が高くなるのでござるぞ。

また、ウィリアムズ%Rを紹介するのでござる!

関連記事

【またHLバンドについて見てみるのじゃ!】

前回HLバンドについて取り上げたのじゃが、今回もまたHLバンドを見てみるのでござるぞ! HLバンドはトレンドの方向はMバンドの向きで確認するのでござるぞ。 Hバンドを抵抗線と考え、Lバンドを支持線と考 …

首つり線【売りシグナルの酒田五法1】

前回までは、底値圏や上昇トレンドで見られる買いサインについて見てきたのでござるが、今回からは、売りサインを見てみるのでござるぞ! まずは、天井圏で見られる買いサインを見てみるのでござる。 今回見るのは …

捨て子線【買いシグナルの酒田五法9】

今回も、底値圏で見られる上昇サインについて見てみるのでござる! 今回は、捨て子線について見てみるのじゃ。 捨て子線とは、十字線が宙に浮いたような状態で、前後の足と離れている形のことを言うのでござる。 …

【ローソク足と酒田罫線】

株やFX、商品先物、バイナリーオプション等、数多くの金融商品があり、その価格変動は様々な方法でチャート表示されておるぞ。日本ではローソク足が主流じゃぞ。一方欧米ではバーチャートと呼ばれるチャートが主流 …

【(酒田五法)三兵について説明するぞ!<その3>】

前回は、赤三兵の一種である赤三兵先づまりをを説明したぞ。 今回見てみるのは、前回同様、赤三兵の一種である赤三兵思案星じゃ。 こんな形でござるぞ! この赤三兵思案星も、基本の赤三兵同様、一応陽線が切り上 …

トップへ戻る