【さらにボリンジャーバンドに迫ってみるのでござる!】

Pocket

前回は、ボリンジャーバンドがどのようにして算出されるのかということを中心に説明したのでござるぞ。
今回もまた、ボリンジャーバンドについて解説するのでござる。

ボリンジャーバンドの中心となっているのが、実は移動平均線なのでござる。
こんな感じなのでござるぞ。

このチャートには株の周りに複数の線が表示されておるが、その真ん中のピンク色の線が移動平均線なのでござる。その周りの青色の線緑色の線ボリンジャーバンドなのでござるぞ。

株価は上がったり下がったりするが、移動平均線あたりで株価が推移していることが多く、移動平均線から極端に離れることはさほど多くない、という考えに基づいているのがボリンジャーバンドなのでござる。そのため、移動平均線からの乖離が大きくなった時、ボリンジャーバンドより高い位置に株価が来た場合は売り、逆に、ボリンジャーバンドより安い位置に株価が来た場合は買いという逆張りでよく使われるのでござる。

先ほども書いたとおり、ボリンジャーバンドの中央には移動平均線があるわけなのじゃが、統計学的にその移動平均線の上下の線の間で株価が動く確率が、それぞれ想定されるのでござる。これが、前回書いた統計学の「正規分布」に当てはめた確率なのでござる。再度書くと、

移動平均線から一番近い上下線の間で株価が動く確率(1次標準偏差、1σ)=約68.3%
移動平均線から二番目の上下線の間で株価が動く確率(2次標準偏差、2σ)=約95.5%
移動平均線から三番目の上下線の間で株価が動く確率(3次標準偏差、3σ)=約99.7%

ということなのでござるぞ。

また次回もボリンジャーバンドについて見てみるのでござるぞ!

関連記事

【ストキャスティクスの効果的な使い方とは】

ストキャスティクスじゃが、反応が早すぎるという諸刃の剣である特徴があるため、トレンド系指標と組み合わせて使うのが良いのでござる。トレンドが強い相場ではダマシだらけになってしまう欠点があるため、ストキャ …

陽線五本【買いシグナルの酒田五法6】

今回も底値圏で見られる上昇サインについて見てみるのでござる。 今回見るのは、陽線五本でござる。 陽線五本とは、その名のとおり、5連続で陽線が出ていることでござるぞ。 この5本の陽線は、横ばい、またはそ …

【一目均衡表の計算式とは?】

一目均衡表は、ローソク足と5線の折れ線グラフ(転換線・基準線・先行スパン1・先行スパン2・遅行スパン)から構成されいるのでござる。 その計算式は、 ・転換線 転換値=(当日を含む過去9日間の最高値+9 …

抱き線【買いシグナルの酒田五法3】

前回・前々回と、陰の陰はらみ、陰の陽はらみといった、はらみというローソク足の組み合わせのうち、底の到来を予兆させる買いシグナルについて見たのでござる。 今回も底の到来を予兆させる買いシグナルを見てみる …

【MACDでの的中率を上げるにはどうしたら良いでござるか?】

これまで数回に渡り、MACDについて取り上げてきたぞ! MACDは、相場がもみ合うと、小さなゴールデンクロスやデッドクロスが頻繁に出て、だましが増えてしまうのでござる。また、移動平均がベースとなってい …

トップへ戻る