不景気時にはPBRを必ず見るのじゃ!

Pocket

けれども、要注意なのは「含み損」や「隠れ借金」という会社の資産に計上されてないケースでござるぞ!こういったケースは実態以上にPBRの数値が低くなってしまうのでござる。
先のPERは、景気がよく会社の業績が上向きのときに有効なモノサシであるのに対し、PBRは会社があまり利益を出していない、あるいは赤字の時に重視されるのでござる。

関連記事

あらゆる角度からチェックするでござる!

PER、PBR、ROEと代表的な指標があったが株価水準を測る指標はまだいくつもあるらしい…。 でも、難しく考えても始まらないので、まずは一つ調べてみるのが感じんじゃよ。

数値が低いほど割安なのじゃ!

たとえば、A茶屋の株の1株利益が40円で、株価が800円ならば、PERは20倍(800円÷40円)なのでござる! たとえば、株価が1200円まで上昇すればPERは30倍になり、割高になるのじゃ! 株価 …

企業の将来に注目でござる!

いい株の基本は、収益性、成長性、健全性であるが…大事なのは「今」よりも「将来」なのじゃ! 今業績がよくても数か月後に赤字になってしまうような会社であっては利益は得られないと思うのでござるよ。 今業績が …

有望な銘柄の選択方法

複数の指標で条件に見合った銘柄を選び出すことだって出来るのでござる。 ・PER10倍以下 ・PBR1.2倍以下 ・配当利回り2%以上 などと入力すれば、条件に見合った有望な投資先を絞り込み検索する事が …

利益から株価水準を測るのでござる!

「利益(純利益)」をもとに株価が割安か割高か判断する基準があるのでござるぞ! PER(株価収益率)と言って「今の株価が、1株あたりの利益の何倍なのか」示す指標があるのじゃ! この数値が大きいほど、儲け …

トップへ戻る