【RSIの逆行現象に注意するのですわ!】

Pocket

非常に勉強になるマーケットレポートが特徴のSBI証券
今回SBI証券では、日米の株価についてのレポートを掲載してて、3つのポイントから分析していますのよ。
昨日は日米株価のデカップリングを取り上げたのですが、本日はRSIの逆行現象を取り上げますわ。

東京株式市場はテクニカル的にみると過熱感を強めてるそうなのですわ。その根拠としてSBI証券では、日経平均のRSI(14日)が73%と過熱圏(70%以上)入りしていること、東証一部の騰落レシオが136%と、やはり過熱圏(130%以上)入りしていることを挙げているのですわ。日経平均の25日移動平均からのかい離率も5%近くに達しており、最近の傾向では「過熱圏」に近い状態とのことなのですわ。

この表はRSIと日経平均の関係を見たものとのことですわ。

この指標の難しい所は、70%を付けたからといって直後に株価が下がるとは限らないこと、とのことなのですわ。下がるどころか上昇が加速することもあるそうなのですわ。しかし、RSIが過熱圏から低下しながらも、株価が上昇する「逆行現象」が出た時は、その後調整に入るケースが多いために、注意が必要とのことなのですわ。

SBI証券によれば、仮に短期間のうちに日経平均が20,000円まで上昇した場合、25日移動平均からのかい離率が7%前後に達してくる可能性が大きく、テクニカル指標のほとんどが過熱圏を示唆することにもなりそう、とのことなのですわ。その場合は「目標達成感」も手伝い、一時的にせよ、調整が広がってくる可能性もある、とのことですわ。

そして、日本経済の回復をもたらす様々な要因が、来年度以降は実際に、日経平均株価の予想EPS上昇をもたらすとSBI証券では予想しているそうですわ。その最初の動きが出てくるのは、4月下旬からスタートする決算発表とのことなのですわ。日経平均がその時に再度上昇してくる可能性は大きいと考えられるそうですわ。SBI証券では『ここからの東京市場は「次のジャンプのために、いつ屈むか」がポイントと言えるかもしれません。 』と分析していますわ。

RSIが今回出てきましたけど、RSIについてもっと詳しく知りたい、という方はこちらを確認するとよろしいのですわ!

【カテゴリ】SBI証券

関連記事

【SBI証券の米国株ストラテジーは必読ですわよ!】

ソフトバンクグループのSBI証券。 SBI証券では、充実したレポートも大きな特長の一つなのですわ! そんなSBI証券では、今回米国株についてスポットを当てていますのよ。 というのも、アメリカはGDPの …

【SBI証券の相場ピックアップ!に注目ですわ!】

SBI証券では、「相場ピックアップ!」というミニコーナーをマーケットレポートの中で紹介していますのよ。 このコーナーでは、直近の株式市場で、注目すべき事柄をピックアップして解説してくれているのですわ。 …

【リスク限定で調整局面に備えるにはどうしたら良いのかしら】

マーケットレポートが充実したSBI証券。 今回SBI証券では、日米の株価についてのレポートを掲載してて、3つのポイントから分析していますのよ。 昨日はRSIの逆行現象を取り上げましたが、今回は日経平均 …

【2月6日登場!SBI証券の「日本株3.7倍ブル・ベア」を紹介するのですわ。】

充実したサービスと、豊富な商品ラインナップが多くのトレーダーの指示を集めるSBI証券。 SBI証券では、2月6日に「日本株3.7倍ブル・ベア」を設定するのですわ! この「日本株3.7倍ブル・ベア」は、 …

【SBI証券のNISAで再投資を紹介しますわ!】

豊富な商品ラインナップが特徴の、ネット証券最大手SBI証券。 SBI証券では、2014年11月21日より、NISA預りにて保有されている分配金再投資の投資信託について、再投資の預り区分をNISA(非課 …

トップへ戻る