【値がさ株のピークアウトに注意なのですわ!】

Pocket

SBI証券では、出遅れ好業績・割安銘柄を今回のマーケットレポートで詳細に紹介してくれているのですわ。
今回は値がさ株を見てみるのですわ!

SBI証券によれば、日経平均株価が順調に上昇している局面では、値がさ株が相対的に優位だったとのことですわ。しかし、そうした動きもそろそろ転機を迎え、値がさ株人気はピークアウトする可能性があるとSBI証券では分析していますわ。

下の図は、TOPIX(東証株価指数)の動きに、東証一部の「売買単価/単純平均(25日移動平均)」の動きを重ねたものとのことですのよ。

売買単価とは、売買代金/売買高で求められ、数字が高ければ市場で相対的に人気を集めているのが「値がさ株」で、逆に数字が低ければ「低位株」と考えられるそうですわ。この数字だけでも大きな物色の傾向をつかむことは可能なのですが、相場の上昇とともに単純平均も上昇し、同じ売買高でも売買代金が増えやすくなるそうなのですわ。現在、東証一部の単純平均株価は320ポイント近辺ですが、2012年秋の底からは6割程度上昇していますので、それを考慮する必要があるそうですのよ。

東証一部の「売買単価/単純平均」は、値がさ株なのか低位株なのかという、物色の傾向を示す売買単価が単純平均の何倍かを示すことで、物色の傾向をわかりやすく示していると考えられるそうですわ。

先ほどの図に示されたように、東証一部の「売買単価/単純平均」は3.3~3.4倍で高値圏を付ける傾向があるそうですわ。直近も、この数字は上昇傾向だったそうですわ。オリエンタルランド(4661)の株式分割発表がひとつの契機になり、株式分割や売買単位の引き下げが期待できる値がさ株が一部人気化したこと、日経平均株価の上昇スピードが加速したため、同平均株価への寄与度が高い値がさ株が買われやすかったこと等が影響しているとSBI証券では分析しているのですわ。

しかし、そうした動きはそろそろ転機を迎え、値がさ株人気はピークアウトする可能性があるそうですわ。そうした局面に備えるとすれば、そろそろ低位株のウェイトを増やすべき局面と言える、とのことなのですわ!

低位株でも値がさ株でも、取引きしやすい証券会社が良いとお考えの方は、SBI証券で口座開設してみてはいかがかしら?

【カテゴリ】SBI証券

関連記事

【楽天証券のポイントプログラムを紹介するのですわ!】

楽天グループの楽天証券では、ポイントプログラムという独自のサービスを提供していますのよ。 ご存じのとおり、楽天はショッピングサイトの楽天市場をはじめ、様々なサービスを提供しているのですわ。楽天証券では …

SBI証券が教える、11月の狙い目銘柄!

ネット証券業界で№1の口座開設数を誇るSBI証券では 現在、11月の狙い目の銘柄株の紹介をしていますわ! 10月31日に日銀が大規模な追加金融緩和を発表したことで、マーケットは騒然となりましたわ。 今 …

【SBI証券のレポートで配当について学ぶのですわ!】

前回紹介したとおり、SBI証券では定期的に福の神レポートというマーケット情報を掲載しているのですわ。そして今回は、「今が買い!?20万円以下で買える割安or成長期待の高配当銘柄は?」で、配当について取 …

【2月6日登場!SBI証券の「日本株3.7倍ブル・ベア」を紹介するのですわ。】

充実したサービスと、豊富な商品ラインナップが多くのトレーダーの指示を集めるSBI証券。 SBI証券では、2月6日に「日本株3.7倍ブル・ベア」を設定するのですわ! この「日本株3.7倍ブル・ベア」は、 …

【SBI証券の投資信託トータルリターンサービスが近日スタートですのよ!】

SBI証券では、12月より投資信託のトータルリターンサービスが開始予定ですのよ! トータルリターンサービスが何かご存知ない方のために説明しますと、投資信託の分配金受取分を含めた損益や銘柄単位での損益管 …

トップへ戻る