【リスク限定で調整局面に備えるにはどうしたら良いのかしら】

Pocket

マーケットレポートが充実したSBI証券
今回SBI証券では、日米の株価についてのレポートを掲載してて、3つのポイントから分析していますのよ。
昨日はRSIの逆行現象を取り上げましたが、今回は日経平均株価の調整想定時にどのようにリスクヘッジすべきか、ということを取り上げるのですわ。

日経平均株価の調整が想定される時のリスクヘッジ方法として考えられるのは、信用取引でのカラ売りや先物市場での売りなどが挙げられるのですわ。しかし、これらの方法にもデメリットがあって、相場観と逆の方向に大きく傾いた時に、損失が大きく膨らみやすということがあるのですわ。そのため、これらの方法は、中・上級者向けのリスクヘッジ方法と言えるのですわ。

そうした中、初心者でも比較的取り組みやすいリスクヘッジ方法としてSBI証券が勧めているのが「プット・オプションの買い」なのですわ。プット・オプションの買いは、リスクを限定させながら、下落相場に備えることができるのが特徴なのですわ。というのも、日経平均の「プットオプション」は日経平均が下がる時に上昇しやすい特性があるからなのですわ。

この表は、日経平均プット・オプション(2015年4月限・権利行使価格19,500円)のプレミアム推移を示しているのですわ。

これまでの日経平均は上昇傾向でしたわ。そのため、プット・オプションは下落基調だったそうですわ。SBI証券にでは『仮に、ここから日経平均が20,000円を付けに行くような場面があれば、さらに下落が加速する可能性があります。』と分析しているのですわ。

しかし、そこがプットの「買い場」になる可能性もある、とのことなのですの。オプション取引は時間の勝負で、買いから入って、時間が経過すると「時間的価値」の減少で、収益確保に苦労することがあるため、投資タイミングについては、今回のように「想定シナリオ」を決めて臨むことも一つの方法と言える、とのことですわ!

【カテゴリ】SBI証券

関連記事

【SBI証券の米国株ストラテジーは必読ですわよ!】

ソフトバンクグループのSBI証券。 SBI証券では、充実したレポートも大きな特長の一つなのですわ! そんなSBI証券では、今回米国株についてスポットを当てていますのよ。 というのも、アメリカはGDPの …

【SBI証券のレポートはとても参考になるのですわ!】

充実したサービス内容に定評のあるSBI証券。 SBI証券では、ユーザー向けに様々な経済レポートをHP上に掲載していますのよ。 今回SBI証券が注目しているのは、春節が来たことによる、中国人観光客の来日 …

【SBI証券の週間日本株式アウトルックは参考になりますわ!】

ソフトバンクグループのSBI証券。 SBI証券のレポート「週刊日本株式アウトルック」はとても参考になるのですわ! 先週末に発表された「週刊日本株式アウトルック」の内容は、「アノマリーとSQに向け上値あ …

【SBI証券の振替入金を紹介しますわ!】

様々なサービスを豊富な商品、投資情報の積極的な提供が特色の、SBI証券。 SBI証券では、ゆうちょ銀行口座から振替入金ができるのですわ! この振替入金は、普通の銀行口座からの入金と違うの?という方に説 …

【松井証券のネットストック・スマートに注目なのですわ!】

松井証券は、2015年5月下旬に、会員向けの新しいWEBサイト「ネットストック・スマート」をリリースする予定とのことですわ。 「ネットストック・スマート」は、松井証券の取引プラットフォームである「ネッ …

トップへ戻る