第十五回:纏めでござる

Pocket

「これまでの回①銘柄の分散(パッシブタイプの投資信託やETFの利用)、②投資国の分散、③商品の分散、④時間の分散を教えたでござる。特に前回はドルコスト平均法について触れて負けにくい「投資」について説明したでござる。更に個別銘柄も投資対象とすればリスクも上がるがリターンも大きく出来るでござる。その際に「損切り」が重要である事を説明したでござる。何か質問はあるでござるか?」
「特にないわ。問題は個別株の選定よね。」
「左様でござるな。個別株については後で株プリンスの所に行くでござるよ。そうすれば個別株についてもだんだん分かってくるでござる。そしてこれまで説明した方法が「投資」と「投機」の中間の手法になるのでござるよ。短期的な売買に走る「投機」でもなく、自分が信じた銘柄を持ち続ける「投資」でもなく、「投資的なスタイルで損きりの要素」を入れた方法がベストでござるよ。」
「なるほど。極めて「投資」に近いけど「損切り」と言う要因を加えた方法でリスクをコントロールするわけね。」
「左様でござるよ。」

「拙者からの説明は以上になるでござる。唯、くの一殿が申されたように何を持って個別銘柄を選ぶかが重要なポイントでござるな。これについてもう少し補足するでござる。」
「そうね①~④だけの方法なら必要ないけど、個別銘柄を考える場合には何らかの尺度が必要になるわよね。」
「左様でござる。これは1点の観点のみで十分でござる。基本的な株式指数としては2つなので是非知っておいて損はないでござるよ。その2点とはPERとPBRでござる。これは長くなるので次回以降に説明するでござる。」

関連記事

行動心理学から見る女性にピッタリの投資法とは?!

みなさま、ごきげんよう! 株セレブでございます。 ビジネス誌の「月刊ビッグ・トゥモロウ」より 取材の依頼がございまして、自宅サロンでお話しいたしましたの。 記事の内容は 男性と女性の投資について 行動 …

【1万円で買える株を見てみるのじゃ!】

自民党が政権奪取し、安倍首相肝煎りの経済政策であるアベノミクスが実施されてきておるが、このアベノミクスのおかげで、それまで冬の時代が続いた日本の株価市場も急激に沸き立ったのじゃ。アベノミクスの第一の矢 …

ギリシャショック前のギリシャはどんな経済構造だったのかしら?(ギリシャ問題とユーロその5)

前回までは、通貨発行権を持つ国が経済危機に直面した場合、どのような方法で危機を脱したか、ということについて紹介したのですわ。 ギリシャの場合、通貨発行権がないため、例に挙げたタイやインドネシアのような …

第二十一回:トヨタ株でIR財務資料を確認するでござる

「前回までで割安性を判断する指標としてPER, PBRを紹介したでござる。そして更なるスクリーニングとしてキャッスフロー(CF)の説明をしたでござる。後半の部分は少し説明を省いたので今回はその補習から …

第八回:「投資」と「投機」の中間をするでござる⑤

「前回は③利回りを確保できる投資商品の組合せを選ぶことの大切さを教えたでござる。分散の効果を一番享受できるインデックス投資信託について説明したでござる。その中でくアクティブ投資信託とパッシブ投資信託に …

トップへ戻る