第二十二回:トヨタ株でIR財務資料でCF計算書を確認するでござる

Pocket

「前回はトヨタのIR資料を参考にして営業利益の確認、その後決算報告書類で貸借対照表(P7-8)、CF計算書(P13)、損益計算書(P9-12)を説明したでござる。」
「うんうん。営業利益までは分かったんだけど貸借対照表(P7-8)、CF計算書(P13)、損益計算書(P9-12)にはさっぱり意味不明ね。説明よろしくね。」
「了解でござる。まずCF計算書(P13)からいくでござる。」
「どうやって?」
「先ずトヨタのホームページに行って(http://www.toyota.co.jp/jpn/investors/)、投資家のホームページを確認するでござる。下の画面でござるな。」

「この資料の中には大きく3つのCFがあるでござる。営業活動によるCF, 投資活動によるCF, 財務活動によるCFの3つでござる。」
「図の中で△は何を意味するの?」
「△はマイナスを意味するでござるよ。今回の場合は営業活動によるCFの総計:+, 投資活動によるCF総計:-, 財務活動によるCF総計:+でござるな。投資銘柄は営業活動によるCFの総計:+, 投資活動によるCF総計:-のモノを必ず選ぶでござるよ。営業活動によるCFの総計:-とは本業で利益を上げていない証拠でござる。更に、投資活動によるCF総計は通常将来の利益に向けた先行投資金に当たるのでここがマイナスだと今後の成長が危ないのでござる。よって購入しては駄目でござる。」
「なるほど、営業活動によるCFの総計:+, 投資活動によるCF総計:-ね。」
「ここを抑えれば先ずは第一弾クリアでござる。それ以外の指標は次回説明するでござる。ではまた。」

関連記事

ギリシャショック前のギリシャはどんな経済構造だったのかしら?(ギリシャ問題とユーロその5)

前回までは、通貨発行権を持つ国が経済危機に直面した場合、どのような方法で危機を脱したか、ということについて紹介したのですわ。 ギリシャの場合、通貨発行権がないため、例に挙げたタイやインドネシアのような …

【3万円以内で買える銘柄をチェックしてみるのじゃ!】

アベノミクス&日銀の追加金融緩和で活況となっている株式市場。株価は上昇し、NISA制度が利用できることからも、株式投資を始めやすい環境が整ってきておるぞ。 株価上昇の波に乗りたいものの、初期投資金額に …

第十九回:買いのベストタイミングとは?

「前回までで割安性を判断する指標として「PER=株価/一株当たりの利益」「PBR=株価÷1株あたり株主資本(BPS) 」を紹介したでござる。でもいずれの指標も万能でないことも説明したでござる。そして不 …

第八回:「投資」と「投機」の中間をするでござる⑤

「前回は③利回りを確保できる投資商品の組合せを選ぶことの大切さを教えたでござる。分散の効果を一番享受できるインデックス投資信託について説明したでござる。その中でくアクティブ投資信託とパッシブ投資信託に …

PERの使い方を今一度学ぶのですわ!

今回SBI証券では、米国株であるインテルのPERを例にPERのチェック方法を紹介していますわ。 インテルの株価が割安かどうかをPERを見て判断するのですが、その際にS&P500指数のPERとの比較をす …

トップへ戻る