第七回:「投資」と「投機」の中間をするでござる④

Pocket


「前回は実際投資で大切なことは

①目標を決めること
②必要な利回りを計算すること
③利回りを確保できる投資商品の組合せを選ぶこと

の大切さを教えたでござる。
特に②について説明したでござる。
「投資」はコンスタントに3~20%程度の利回りを狙うものでござる。
だからそれ以上に利回りが必要なものは「投資」でなく「投機(=ギャンブル)」に掛けるしかないのでござる。
そういう話をしたでござる。」


「うんうん、私みたいに億万長者になりたいから「投機」をするのはダメだってことよね。」


「左様でござる。
今回は③利回りを確保できる投資商品の組合せを選ぶこと
について説明するでござるよ。
拙者の専門は株式投資でござるが、今日は株式以外の話も少し織り交ぜるでござる。
まず投資は分散すればするほどリスクは小さくなるのでござる。
投資で一番大切なことはこのリスクをコントロールすることでござる。
その為に①②の分散について説明したでござる。
③については先ずは買う銘柄を分散させることでござる。
一つの株式だけでなく出来るだけ沢山、個人なら5~10銘柄、に投資するでござる。
一番いいのは市場自体を買ってしまうことでござるよ。
つまり前銘柄に投資するのでござる。これは個人では不可能でござるが、投資信託を使えば可能でござるよ。」


「投資信託?」


「投資信託とは株式のプロが運用する投資商品のことでござるな。
様々なものがあるでござる。
自動車関連の銘柄に絞ったもの、バイオ関連企業に絞ったものなどでござる。
その中で株式市場全体に投資するインデックス投資信託というものがあるでござるよ。
それを用いれば市場全体に投資出来るのでござる。」


「分かったような、分かってないような…。」


「ここは難しいところでござるよ。
まず投資信託とは株式とは異なるでござるよ。
そして投資信託には様々なモノがあるでござる。
先ほど述べたようなある関連業種にのみ集中して投資するもの、業種をまたいで投資するもの、株式だけでなく債権にも投資するものなどがあるでござる。
これらはアクティブ投信と言って利益を追い求める投資信託でござるな。
一方、日経平均株価やTOPIXなどの指数との連動を目指すファンドもあるのでござる。
こちらのことをパッシブファンドというでござる。
先ずここまでは理解できたでござるか?
先は長いから次回また説明するでござる。」


「何となくわかってきたわ。」

関連記事

株姫 バンナム株(7832)を売って買戻し大作戦の巻

登場人物 株姫 株初心者でも結構ビギナーズラックで儲けようと考えていて早速株で失敗しそうでお困りでござる。 株侍 下剋上は目指しているけど株姫の事が好きだから何でもかんでも教えちゃうんでござる。 株将 …

第四回:「投資」と「投機」の中間をするでござる①

「今回からゲストを呼んだでござる。」 「よろしくね。私も株をやってるけどなかなか勝てませんわよね。」 「左様でござるな。前回の話の中で株式に勝つには 「投資」と「投機」の中間をすることを薦めたでござる …

円安がもたらす株への影響とは!?

加速する円安 今、日本の為替市場は円安になっておる。 例えば1ドルが150円から100円になった場合…「円高・ドル安」になると輸入時に安く品物を仕入れられる。 15,000円で買えたものが10,000 …

2001年9月11日、同時多発テロによって株価は…

今日は9月11日ということで 過去に起こった株価に関わる大きな事件について書くことにするのじゃ。 2001年9月11日 イスラム過激派によってハイジャックされたジャンボジェット機が アメリカの世界貿易 …

【10万円以内で買える銘柄に注目じゃ!】

ご存知のとおり、アベノミクスが開始されて以来、株式市場は盛り上がりを見せておるのじゃ。年明けからは、ヨーロッパの政情不安等で株価は下落したり、円相場も円高方向に向かうなど、株式市場にも影響が出たものの …

トップへ戻る