【10万円以内で買える銘柄に注目じゃ!】

Pocket

ご存知のとおり、アベノミクスが開始されて以来、株式市場は盛り上がりを見せておるのじゃ。年明けからは、ヨーロッパの政情不安等で株価は下落したり、円相場も円高方向に向かうなど、株式市場にも影響が出たものの、大筋ではやはり株式市場は活況であると言えるのじゃ。
前回は3万円で買える銘柄について見てみたが、今回は金額を上げて、10万円で買える銘柄を観てみるぞ!

●東急不動産ホールディングス
(東1 3289) 株価816円 売買単位…100株 PER…19.87 PBR…1.33 決算月…3月
主力の都市事業は、新規物件が増加しつつ空室率が低水準。賃料引き上げが進めば、さらなる増収・増益が見込める。

●セブン銀行
(東1 8410) 株価484円 売買単位…100株 PER…24.63 PBR…3.60 配当利回り…1.55% 決算月…3月
セブン&アイホールディングスのグループ企業。セブンイレブンやイトーヨーカドー等に設置されているATM事業が順調。

10万円で買える株は、この他にも色々あるぞ!
10万円となると、東証一部の銘柄がだいぶ増え、銘柄の種類も豊富になってくるのう。流動性が高い銘柄が増え、安定した企業が多くなってくるのが特徴じゃ。
3万円で買える銘柄以上に、自分のトレードスタイルに合わせた銘柄が選びやすくなるのじゃ。配当や株主優待が出るものも増えてくるぞ。

3回に渡り、少額資金で取引できる銘柄を紹介したのじゃ!資金が少ないトレーダーは、このように少額で取引できる銘柄もあるので、あきらめずに探してみることが肝要じゃぞ!

関連記事

第二十一回:トヨタ株でIR財務資料を確認するでござる

「前回までで割安性を判断する指標としてPER, PBRを紹介したでござる。そして更なるスクリーニングとしてキャッスフロー(CF)の説明をしたでござる。後半の部分は少し説明を省いたので今回はその補習から …

決算発表で営業利益が大幅増加した業種を見てみるのですわ!

主力企業の中間決算発表は11/13までで事実上終了したことを受け, SBI証券では、『「日経平均2万円」で本格化する選別物色?けん引役を期待される特選5銘柄はコレ!?』というテーマでレポートを掲載して …

第四回:「投資」と「投機」の中間をするでござる①

「今回からゲストを呼んだでござる。」 「よろしくね。私も株をやってるけどなかなか勝てませんわよね。」 「左様でござるな。前回の話の中で株式に勝つには 「投資」と「投機」の中間をすることを薦めたでござる …

第七回:「投資」と「投機」の中間をするでござる④

「前回は実際投資で大切なことは ①目標を決めること ②必要な利回りを計算すること ③利回りを確保できる投資商品の組合せを選ぶこと の大切さを教えたでござる。 特に②について説明したでござる。 「投資」 …

去年の11月に執筆した原稿が…とうとう、キンドル出版されましたわ!!!

みなさま、ごきげんよう。 株セレブでございます。 ワタクシが去年の11月に執筆した原稿が とうとう、キンドル出版されましたわ!!! ワタクシ今では、セレブを名乗っておりますが 元は、浪費大好きのダメダ …

トップへ戻る