【24オプションの「ProfessionalChart」を見ながら、ローソク足の復習をしよう(その4)】

Pocket

24オプションで常備しているテクニカルチャートの「ProfessionalChart」。MacDやRSIといったテクニカル分析ができる、便利なチャートだよ。もちろんローソク足も搭載されているの!

前回は十字線、足長同時線、寄引同時線を見てみたよ。
今回はその亜種とも言える二つのローソク足を見てみるよ。

トンボ

上ヒゲがない十字線のローソク足だよ。この線は、売りの勢いが強いものの、買いの勢いも後で同じ勢いで盛り返した、ということを表しているよ。しかしながら、始値を超えられていない、ということなんだよね。株で言えば、寄り付きを超えられなかった、ということになるよ。トンボが高値圏に現れると、上昇の勢いが落ちてきていることを表しているよ。逆に底値圏に現れると、上昇の勢いが、下落の勢いを押し戻していることを示しているよ。

塔婆

下ヒゲがない十字線のローソク足だよ。この線は、買いの勢いが続かず、最終的に始めのレートに戻ってしまったことを表しているよ。株で言えば、寄り付き後は買いの勢いが強かったものの、大引けには寄り付きの株価に戻った、ということを示しているの。塔婆が高値圏で現れると、上昇と下落の力が拮抗し、上昇が止まることを暗示しているよ。それ以外で現れた場合は、上昇が小休止していることを暗示しているよ。

【カテゴリ】バイナリー攻略法

関連記事

バイナリーオプションの取引銘柄に注目だよ!

バイナリーオプションというと、やっぱりFXと同じ通貨ペアを対象とした 取引がポピュラーだけどバイナリーの取引対象はそれだけではないよね。 これも会社によって違うけど、世界の株式銘柄や、金・銀・原油先物 …

【チャートの形を見てみよう!(その2)】

前回はダブル底を見てみたよね。 ダブル底は下落している相場の時に、同じような水準の安値を2度付け、Wの形になったものを言ったよ。 今回見るのは、同じような水準の安値を3度付ける「トリプル底」と呼ばれる …

【チャートの形を見てみよう!(その1)】

「ニュースなんかで○円の節目を超えられず再下落」なんていうフレーズを耳にすることがあるよね。この節目というのは、過去に上昇や下落が止まることが多かった価格水準ということなんだよ。 この価格を目安として …

【24オプションの「ProfessionalChart」を見ながら、ローソク足の復習をしよう(その5)】

24オプションで常備しているテクニカルチャートの「ProfessionalChart」。 この中にも用意されているローソク足の種類について紹介してきたけど、今回も基本的なローソク足を見てみるよ。 今回 …

【24オプションの「ProfessionalChart」でチャート分析するよ!(その2)】

24オプションで常備しているテクニカルチャートの「ProfessionalChart」。 ローソク足(Candle Sticks)も常備されていて、使いやすいの。 このProfessionalChar …

トップへ戻る