【24オプションの「ProfessionalChart」でチャート分析するよ!(その3)】

Pocket

24オプションで常備しているテクニカルチャートの「ProfessionalChart」は、相場の動きを予測したり分析するのにとても便利だよ。
日本で一番なじみ深いローソク足(Candle Sticks)を使って、このProfessionalChart見て、どのタイミングで、どんな取引を行うべきかを分析することで、勝率も上がるわ!

例えばこのチャート。このチャートはある日のユーロドルの5分足のチャートだよ。

ななめに引かれたピンクの線は、それぞれのローソク足の下ヒゲに大まかに線を引いたものなの。

そして注目して欲しいのは、このラインがV字になっていること。これはV字底、または1点底と呼ばれるもので、反転のサインなの。お手本とされるV字底は、1点底の名のとおり、底に来るローソク足は単体なんだけど、このチャートでは底に陽線と陰線が並んでいるよ。


この時のユーロドルは、1時間程の間にドル安が進んで上昇しているわ。ただし、ずっと下ヒゲが切り上がり続けているかというとそういうわけではなく、レジスタンスライン(薄紫色の直線)で一端様子見している(白丸印)のが分かるよ。このレジスタンスラインを大きく抜けて下がることがなかった為、また上昇トレンドに乗ったことが分かるよね。その後急上昇して、一度急落しているものの、オレンジ色の丸印の部分に長い下ヒゲが付いたことで、下落の勢いよりも上昇の勢いが強いことが分かるよ。

このサインを見逃さず、バイナリーオプションの取引をすると、きっと勝率も上がるよ!
もちろん取引時間をどれくらいに設定するのかも大事だから、30秒や60秒といった短期取引でスキャルピング的な取引をするのか、それとも15分以上の長いスパンでの取引をするのかの判断も大切になってくるよ。上昇の勢いが強くて、みるみるうちにレートが上がっていく時は短期取引で、長い目で見れば上昇、という時は長い時間での取引を行うようにすると良いよ!

 

【カテゴリ】バイナリー攻略法

関連記事

バイナリーオプションとFXとの違いを見てみよう!(その2)

3.トレード時間 バイナリーでは最短30秒から長くて24時間までぐらいかな。 FXは短くても数分からで、長いときは1年以上ということもあるようね。 もちろんFXは任意の時間に決済できるんだから、やろう …

【24オプションの「ProfessionalChart」でチャート分析するよ!(その5)】

24オプションのテクニカルチャートの「ProfessionalChart」は、相場の動きを分析して、取引のタイミングを見るのにとても便利だよ! 特にローソク足(Candle Sticks)でこのPro …

【24オプションの「ProfessionalChart」を見ながら、ローソク足の復習をしよう(その5)】

24オプションで常備しているテクニカルチャートの「ProfessionalChart」。 この中にも用意されているローソク足の種類について紹介してきたけど、今回も基本的なローソク足を見てみるよ。 今回 …

【24オプションの「ProfessionalChart」を見ながら、ローソク足の復習をしよう(その4)】

24オプションで常備しているテクニカルチャートの「ProfessionalChart」。MacDやRSIといったテクニカル分析ができる、便利なチャートだよ。もちろんローソク足も搭載されているの! 前回 …

【2本のローソク足を組み合わせて、相場の流れを読んでみよう!(その1)】

これまで、ローソク足のチャートを色々見てきて、1つ1つのローソク足の形の意味、そして、たくさんのローソク足から成る、チャートの形から、相場の流れを見てきたよ。 今回は、ローソク足の組み合わせを見ること …

トップへ戻る