売りたくなった場合はいかがすれば良きか?

Pocket

売るときは買うときとほとんど同じで証券会社に注文するのじゃ。
 買うときは『成行注文』か『指値注文』かということを説明しましたが、売るときも同じで『成行注文』か『指値注文』を設定するでござる。
 『成行注文』はその会社の株に対して、出ている買い注文のうち1番高値で売ることが出来る。こちらも買うときと同じで先に注文を出している人が優先となるのじゃ。
 『指値注文』は「○×円で売りたい」という指定値を設定して、その値段で買いたい人がいた場合に成立するでござる。
 証券取引所が開いている時間帯に成立するでござる。

関連記事

手数料ってどのくらいかかるのじゃ?

売買手数料は、証券会社によって違うでござる。これは一回の購入毎に金額が決まっておるところと、定額といって1日何回も売買しても定額の料金さえ支払っていればできるものなどがあるぞ。詳しくは、証券会社比較を …

株価が下がった場合はいかに致すのじゃ?

株価が一時的に下がることはつきものゆえ、いかほどにも気にしないのが一番でござる。 業績が良く、将来性があっても株価が下がることがあるので短期的の値下がりは特別なことではなく日常茶飯のことなり。 また、 …

どんな取引口座がござるのじゃ?

 取引口座は3種類あり、口座によって税金の扱い方・手続き方法が異なるのじゃ。 ただ、一番のおすすめは、【特定口座・源泉徴収あり】じゃ!  株式投資の値上がり益など得た場合は利益に税金がかかる。  「一 …

注文はどうやって出せばいいのじゃ?

注文を出すにあたっては銘柄コードや単元株数を確認しておくのじゃ。 把握しておくべき情報と、決めておくべきことはシッカリと持っておく必要があるのでござる。 把握しておくべきことは『銘柄コード』『会社名』 …

ハラハラしないためには?

ハラハラを事前に抑える、いくつかのルールが有りんす。 1. 余裕資金で投資し、短期で儲けようという精神は危険なり 2. 投資の姿勢をはっきりとさせておく 売るべきなのか、持ち続けるべきなのかの判断をし …

トップへ戻る