陽の陰はらみ【売りシグナルの酒田五法5】

Pocket

今回もまた、天井圏で見られる売りサインを見てみるぞ!
今回は陽の陰はらみを見てみるのでござる。
このような形でござるぞ!

陽の陰はらみとは、上昇トレンドの中の天井付近で大陽線が出て、前日の大陽線の中に納まるような形(はらみ線)のその次に陰線が出現したチャートのことで、売りと買いが拮抗していることを表わしておるのじゃ。そのため、陽の陰はらみの後に出現したローソク足の形を見て、トレンドの方向性を調べることが多いのでござる。陰線の出現は、天井圏で買い尽くされたため、利益確定売りが出始めたことを表しているのでござる。

そのため、上昇相場中の大陽線に続いて、その陽線に包み込まれるような陰線が出たら、翌日の動きに注意する必要あるぞ!

翌日も下寄りするようなら売りの転換点と見る事ができるのでござる。ただし、上寄りの陽線で引けるようであれば上昇は続いている可能性も考えられるため、はらみ線となった翌日の動きを冷静に判断する必要があるのでござるぞ。

逆のパターンは底値圏で現れる陰の陽はらみで、買いサインとなります。

関連記事

【バランスシート、純利益、配当金の推移に注目でござるぞ!】

今回はある会社のデータを見て、判断するのでござるぞ。 この会社はPBR0.5倍と、割安なのでござる。なお、この会社は銀行等の金融業ではないのじゃぞ。 この会社の財務諸表でござるが、資産は500億円、負 …

【PERが高いのは、良くないのでござるか??】

今まで低PERがお薦めということについて買いてきたのでござるが、では、高PERはダメなのじゃろうか? 実は、PERが高いものでも、投資すべき銘柄はあるのでござる。 例えば、高成長が見込める銘柄について …

抱き線【売りシグナルの酒田五法9】

今回もまた、天井圏で見られる売りサインを見てみるのでござる。 今回見るのは、抱き線でござる。別名つつみ線とも呼ばれておるぞ。 このような形でござる。 抱き線とは、前日のローソク足を包み込むような形にな …

【同じPBRで規模の異なる会社を比べてみるのでござる】

今までは同じPBRで同じ規模、ただしバランスシートの中身が異なる会社を比べてきたのでござるが、今回は、同じPBRで規模の異なる会社を比べるのでござる。 今回もまたA社とB社を比べるのでござるぞ。この2 …

【(酒田五法)三空について説明するぞ!<その4>】

前回、前々回と、アメリカで使われている4種類のギャップ(窓)を見てみたぞ。 今回はさらに補足事項を説明するぞ! 今回説明するのは、アイランドリバーサル(Island Reversal)でござる! アイ …

トップへ戻る