陰線五本【売りシグナルの酒田五法8】

Pocket

今回もまた、天井圏で見られる売りサインについて見てみるのじゃ!
今回見るのは、陰線五本でござるぞ。
こんな形でござる。

陰線五本は、5連続で陰線が出ているチャートのことで、5本の陰線が横ばいまたは、それに近い状態にある形なのでござる。

この形は、上昇トレンドが続く中、追加材料がなく、高値警戒感から形成する事が多い形でござる。買い圧力は強いものの、売りの勢力がじわじわと増え始め、下落に転じる前兆と考えられておるぞ。売りと買いのエネルギーが多少拮抗しているために陰線が横ばいになっていると考えられるのでござる。

この形が出たということは、買い圧力が弱まってきており、徐々に下落していく中で、ある水準を超えると、買い方の含み益が含み損に変わるため、投げ売りし始めているのでござる。そうなると下落のスピードは速くなるぞ。5本連続横ばい状の陰線は珍しい形でござるが、そこまではいかなくとも、天井圏で陰線が続くようであれば下落し始めると考えて、トレンド転換と考えるのが良いのでござる。

逆のパターンは底値圏で現れる陽線五本で、買いサインでござるぞ。

関連記事

【(酒田五法)三空について説明するぞ!<その3>】

前回は三空の補足事項として、アメリカで使われている4種類のギャップのうち、ボックス相場で見られる特に意味のないコモンギャップと、ボックス相場からの転換を示すブレイクアウェイギャップについて見てみたぞ。 …

【指数平滑移動平均線について見てみるのでござる!】

前回までMACDを見てみたのでござるが、このMACDの元となっている、指数平滑移動平均線(EMA)について見てみるのでござる。 以前紹介した、移動平均線は正確には単純移動平均線というのでござる。この単 …

【解散価値を大きく割れた同じPBRの会社を見てみるのでござる】

PBRが1倍割れというのは、解散価値を割っているということは、すでに説明したとおりなのでござる。 今回は、同じPBRでもバランスシートの中身が違う会社AとBについて見てみるのでござる。 A社とB社はど …

【酒田五法について説明するぞ!】

前回触れた酒田罫線じゃが、その内容について、今回から詳しく見ていくぞ! この酒田罫線では酒田五法と呼ばれるローソク足の並びがあるのじゃ。 このローソク足の並びや形でその後の相場の流れを読んで行くのじゃ …

【PBRはどういうものなのか?(その3)】

すでに何度かにわたり、ある架空の会社のバランスシートを見て、株式時価評価額とPBRとのパターンを見ておるのでござるが、今回も同じバランスシートで、株式時価評価額とPBRの他のパターンを見てみるのでござ …

トップへ戻る