陰の陽はらみ【買いシグナルの酒田五法2】

Pocket

前回は、買いシグナルの「底」を示す、陰の陰はらみを見てみたぞ。今回見てみるのは、それとほとんど同じ形ながら、ローソク足の種類が異なる、陰の陽はらみを見てみるのじゃ。

●陰の陽はらみ

陰の陽はらみは、最初の大陰線の次のローソク足が陽線である形でござる。
底値圏で大陰線が表れ、いわゆるセリングクライマックスが起こるのでござる。この大陰線は、売りの勢いが強く、投げ売り状態であることを示しておるのでござる。その次のローソク足が、大陰線をすっぽり包むような大きな陽線が出現した場合が、この陰の陽はらみなのでござる。
セリングクライマックスが終わり、買い勢力が若干上回っている状態なのでござる。陽はらみが寄引同時線であったり陽線の実体の短いローソク足の場合、売りと買いのエネルギーがそこに集中していることを意味しており、何かのきっかけで、上昇トレンドになるのでござるぞ。
この大陽線が上寄りの陽線となれば、相場転換する可能性がますます高くなるのじゃ。

次回も買いシグナルを見てみるぞ!

関連記事

【解散価値と株式時価総額とを考えてみるのでござる。】

「解散価値」という言葉を聞いたことはあるじゃろうか? 解散価値とは、総資産から負債を引いたもので、「純資産」、「株主資本」とも呼ばれているのでござる。 この純資産(株主資本)を発行済株式総数で割ったも …

【2つの会社の配当利回りを見て、増配余地を探るのでござる】

今回もまた2つの会社を見てみるのでござる。 今回見る会社でござるが、A社とB社なのでござる。 A社については配当利回りが1%、B社については配当利回りが3%でござるぞ。 【A社】 (バランスシート) …

【移動平均線って何でござるか?】

今回から見ていくのは、チャート分析の鉄板とも言える、移動平均線でござる。 移動平均線は、一定期間の株価の終値平均値を、毎日、毎週、毎月といった一定期間で割ってグラフ化したものでござるぞ。名前をよく聞く …

【ある会社のバランスシートを見て、判断するのでござる】

今回は、A社という会社のバランスシートと当期利益、そして、B社のバランスシートを見て判断するのでござる。 A社は2009年にB社を買収し、完全子会社化したのでござる。 買収から3年たったものの、B社は …

【(酒田五法)三山について説明するぞ!】

前回触れた酒田罫線の種類じゃが、それぞれの種類について、見ていくぞ! 今回は、三山について見てみるのじゃ! 三山の代表的なものはこれじゃ! 三山 三尊天井 真ん中の大きな釈迦の横に菩薩が配置された三尊 …

トップへ戻る