連続下げ三手放れ三ツ星【買いシグナルの酒田五法13】

Pocket

底値圏で見られる上昇サインについて、今回も見てみるのじゃ!
今回は、連続下げ三手放れ三ツ星について見てみるのでござるぞ!

連続下げ三手放れミツ星とは、下放れて窓を開け、3本の短い陰線が続き、十字線が現れた後、大陽線が出る…という一連の流れのチャートのことを言うのでござる。
このような形でござるぞ。

上図で分かるように、連続下げ三手放れ三つ星は左図のように、5手で完成すると言われているのでござる。
下降トレンドの中、窓を開けて小陰線が出現し、これが三本連続するぞ。その後に十字線が出るのじゃが、これは、下降トレンドが終わりつつあるために売りと買いが拮抗していることを表しておるぞ。
最後に大陽線が出現したことで上昇トレンドへの転換が始まったと考えられるのでござる。この大陽線の出現を目印に、買うと良いぞ。

関連記事

【指数平滑移動平均線について見てみるのでござる!】

前回までMACDを見てみたのでござるが、このMACDの元となっている、指数平滑移動平均線(EMA)について見てみるのでござる。 以前紹介した、移動平均線は正確には単純移動平均線というのでござる。この単 …

【ウィリアムズ%Rとは?】

ウィリアムズ%R(William`s%R)は、アメリカの有名な株式トレーダーであるラリー・ウィリアムズが1966年に作ったオシレーター系指標でござる。%Rオシレーター、%Rとも呼ばれ、株価の買われすぎ …

下値遊び【売りシグナルの酒田五法15】

今回もまた、下降トレンドの中で見られる売りサインを見てみるのでござる。 今回は下値遊びを見てみるのでござる。 このような形でござるぞ。 下値遊びは、大陰線で下落した後、比較的小さなローソク足を5本から …

【PBRについてまた説明するのでござる】

前回、PBRについて解説をしたのでござるが、今回もまたPBRを見てみるのでござる。 PBRは1倍に近づく程、底値になるというのは前回説明したとおりでござる。PBRが1倍に近付く程会社が解散した時の企業 …

抱き線【買いシグナルの酒田五法3】

前回・前々回と、陰の陰はらみ、陰の陽はらみといった、はらみというローソク足の組み合わせのうち、底の到来を予兆させる買いシグナルについて見たのでござる。 今回も底の到来を予兆させる買いシグナルを見てみる …

トップへ戻る