最後の抱き線【買いシグナルの酒田五法4】

Pocket

抱き線とは、前日のローソク足を包み込むような形になる事で、包み線とも言うのでござるぞ。

最後の抱き線は、上昇トレンドでも下降トレンドでも見られるのでござる。今回紹介するのは、下降トレンドの中、陽線が出現した翌日に大陰線が出る形の最後の抱き線なのじゃ。
こんな形でござる。

大陰線で安値を更新している状態となる為、その前の陽線はダマシだったようにも見えのでござるが、大陰線が底となるため、トレンド転換することも多いのが特徴でござるぞ。

大陰線の次のローソク足が、大陰線の終値より高値では寄り付けば、買い転換のポイントとなりチャンス到来となるのじゃ。逆に安値で寄り付くようであれば、もう少し様子見した方が良いのでござる。とはいえ、もうそろそろ下降トレンドの終わりが近づいていることのサインであるので、相場の動向に気を付けるのじゃ!

なお、底値圏での大陰線や天井圏での大陽線は転換点となる事が多く、このような場合、出来高も増える傾向にあるのでござる。

また次回も買いサインについて見てみるのじゃ。

関連記事

【解散価値と株式時価総額とを考えてみるのでござる。】

「解散価値」という言葉を聞いたことはあるじゃろうか? 解散価値とは、総資産から負債を引いたもので、「純資産」、「株主資本」とも呼ばれているのでござる。 この純資産(株主資本)を発行済株式総数で割ったも …

たくり線【買いシグナルの酒田五法5】

今回もまた底値圏で見られる買いサインについて見てみるのでござる。 今回見るのはたくり線でござる。 「たくり線」とは下降局面で安く寄り付きいて出現する、下ヒゲの長いローソク足のことでござるぞ。 図のよう …

下放れの並び赤【売りシグナルの酒田五法17】

今回もまた、下降トレンドで出現する売りサインについて見てみるぞ! 今回見るのは下放れの並び赤でござる。 このような形なのでござる。 下放れの並び赤とは、下降トレンドの中、下放れた陽線が出現し、その次に …

【ウィリアムズ%Rの取引方法を説明するのでござる】

前回まで、ウィリアムズ%Rの概要を説明したのでござる。その中で少しだけ触れた、ウィリアムズ%Rの売りと買いのシグナルについて、今回は詳しく見てみるのでござるぞ。 □買いシグナル□ ●「%R」が上限ライ …

【低PERとは何倍のことを言うのでござるか?】

前回、PER10倍は低PERである、ということに触れたのでござる。 しかし、PERが低いというのは、いったいどれくらいのことを言うのでござるか、改めて見てみたいのでござる。 前回少し紹介したとおり、現 …

トップへ戻る