押さえ込み線 【買いシグナルの酒田五法15】

Pocket

今回も、上昇トレンドの中で見られる買いサインについて見てみるのでござるぞ!
今回見るのは押さえ込み線でござる。
このようなチャートでござる。

押え込み線とは、上放れた陰線が3本連続して出現した後、直前の陰線を上抜く陽線が出現したチャートのことでござる。なお、上放れて陽線が出るパターンもあるのでござるぞ!この陰線は、図では陰線が3本となっておるが、3本という決まりはなく、2本や4本といった場合もあるのでござる。三羽ガラスと似ておるが、1本目の陰線が前日終値より高い位置にあるところが違うのじゃ!

陰線が連続して出現すると、天井に来たのでは…と思いそうになるのでござるが、これは相場の勢いが一時的に抑え込まれただけでござるぞ。そのため、上放れた陰線が3本出現した後に陽線が上抜く・上放れる形で出現したら、そこが買いのチャンスとなるのでござる。

この陽線が出現したとしても、途中で跳ね返される場合もあるかもしれないのでござる。そのため、前日高値を上抜いた所まで待つのが良いのじゃ。

関連記事

【HLバンドって何でござるか?】

今回はHLバンドについて見てみるのでござる。このHLバンドはハイローバンドというもので、トレンド系テクニカル指標なのでござるぞ。 リチャード・ドンチャン氏が提唱する4週ルールを基礎にしたブレイクアウト …

【またHLバンドについて見てみるのじゃ!】

前回HLバンドについて取り上げたのじゃが、今回もまたHLバンドを見てみるのでござるぞ! HLバンドはトレンドの方向はMバンドの向きで確認するのでござるぞ。 Hバンドを抵抗線と考え、Lバンドを支持線と考 …

【移動平均乖離率ってなんでござるか?】

今回は移動平均乖離率(いどうへいきんかいりりつ)を紹介するぞ! 移動平均乖離率とは、株価が移動平均線からどれくらい離れているかを見る指標でござるぞ。 株価の終値と指定期間(一般的には5日・25日・13 …

【移動平均乖離率はどのように使うのじゃ?】

今回もまた移動平均乖離率について見てみるのでござる! 前回は移動平均乖離率の概要を見てみたのじゃが、では、移動平均乖離率はどのように使用するのじゃろうか? そもそも移動平均線は、株価が移動平均線に近づ …

【バランスシート、純利益、配当金の推移に注目でござるぞ!】

今回はある会社のデータを見て、判断するのでござるぞ。 この会社はPBR0.5倍と、割安なのでござる。なお、この会社は銀行等の金融業ではないのじゃぞ。 この会社の財務諸表でござるが、資産は500億円、負 …

トップへ戻る