抱き線【買いシグナルの酒田五法3】

Pocket

前回・前々回と、陰の陰はらみ、陰の陽はらみといった、はらみというローソク足の組み合わせのうち、底の到来を予兆させる買いシグナルについて見たのでござる。
今回も底の到来を予兆させる買いシグナルを見てみるのでござる。今回紹介するのは、抱き線じゃ。

●抱き線

抱き線とは、前日のローソク足を包み込むような形で、現れるローソク足のことでござる。買いシグナルとして現れる抱き線はこんな形なのじゃ。

小陰線を包むように大陽線が出現したローソクの組み合わせの場合、相場の底値圏からの上昇を暗示しており、今までの流れが逆転するほどの強力なエネルギーが存在することを意味しているのでござる。この形が出たということは、マーケットの心理は反転し、上昇方向へトレンド転換したと考えられるのでござるよ。特に、長期に渡り下降トレンドが続いた時にこの形が現れた場合は「抱きの一本立ち」と呼ばれており、酒田罫線の中でも非常に重要な形であると考えられているのでござるぞ。この形が現れたということは、買い転換になったということを示していると考えられているのでござる。

次回も、買いシグナルのローソク足の組み合わせを見てみるのでござるぞ!

関連記事

【ROCについて説明するのでござる】

ROCは「Rate of Change」の略で日本語では「変化率」と呼ばれておるのじゃ。ROCは現在の株価と何日か前の株価の差をポイント(比率)で表わすテクニカル分析の指標の一つでござる。オシレーター …

【(酒田五法)三空について説明するぞ!<その2>】

前回は酒田五法の三空を見てみたぞ!三空踏み上げ、三空叩き込みについて詳しくみたのじゃが、今回はその三空の補足事項として、アメリカで使われている4種類のギャップを見てみるでござるぞ。 まずは下のローソク …

放れ五手黒一本底【買いシグナルの酒田五法11】

今回も、底値圏で見られる上昇サインについて見てみるのでござる。 今回見るのは、放れ五手黒一本底でござるぞ。 このような形なのじゃ! 放れ五手黒一本底とは、下降トレンドの時、窓を開けた下落した後に、小陰 …

【一目均衡表の計算式とは?】

一目均衡表は、ローソク足と5線の折れ線グラフ(転換線・基準線・先行スパン1・先行スパン2・遅行スパン)から構成されいるのでござる。 その計算式は、 ・転換線 転換値=(当日を含む過去9日間の最高値+9 …

上放れの並び赤【買いシグナルの酒田五法20】

今回もまた、上昇トレンドで見られる買いサインを見てみるのじゃ! 今回見るのは、上放れの並び赤でござるぞ! このような形なのでござる。 上放れの並び赤は、上昇トレンド中、短いローソクが何本も続き、じりじ …

トップへ戻る