小幅上放れ黒線【買いシグナルの酒田五法22】

Pocket

今回もまた、上昇トレンドの中で見られる買いサインについて見てみるのでござる!
今回見るのは、小幅上放れ黒線でござるぞ。

小幅上放れ黒線とは、安い水準での値幅の小さいもみ合いが続いた後に、突如上放れて窓を開けて上ヒゲのある陰線が出現した形なのでござる。

上放れて窓をあけて出現した陰線は、小さく、かつ上ヒゲの長さも短いもので、出てきた陰線が、小さな陰線で、さらにヒゲの長さの短い陰線の場合のみ小幅上放れ黒線と言うのでござる。この小幅上放れ黒線は買いのサインでなのでござるぞ。安値でのもみ合いから上放れして陰線が出現するということは、目先の利益狙いが暗示されているということなのでござる。

もみ合いから上放れして出現したローソク足は陰線ではあるが、もみ合い中の充電期間を経て、相場が動き出しことを示しているのじゃ!仮に上放れした陰線の上ヒゲが長かった場合は、それほどの上昇にならない可能性があるのでござるぞ。

関連記事

押さえ込み線 【買いシグナルの酒田五法15】

今回も、上昇トレンドの中で見られる買いサインについて見てみるのでござるぞ! 今回見るのは押さえ込み線でござる。 このようなチャートでござる。 押え込み線とは、上放れた陰線が3本連続して出現した後、直前 …

下放れタスキ【売りシグナルの酒田五法16】

今回もまた、下降トレンドで見られる売りサインについて見てみるのでござる! 今回は下放れタスキを見てみるのでござるぞ。 このような形なのでござる。 下放れタスキは、下降トレンドの際、下放れた陰線が出現し …

【同じ配当利回りで異なる規模の会社2つを見てみるのでござる!】

今回もまた、配当利回りについて見てみるのでござる。 今回見るのは、同じ配当利回りながらも異なる規模の2つの会社なのでござるぞ。 この会社はどちらも配当利回りが2%なのでござる。 そして、経常利益と、純 …

【ウィリアムズ%Rとは?】

ウィリアムズ%R(William`s%R)は、アメリカの有名な株式トレーダーであるラリー・ウィリアムズが1966年に作ったオシレーター系指標でござる。%Rオシレーター、%Rとも呼ばれ、株価の買われすぎ …

【RSIの効果的な使い方を考えてみるのでござる!】

前回紹介したRSIじゃが、RSIが70~80%以上になったら買われ過ぎ→売り、RSIが20~30%以下になったら売られ過ぎ→買いという判断を一般的に下す、というのはすでに説明したとおりでござるぞ。そし …

トップへ戻る