入り首とアテ線【売りシグナルの酒田五法18】

Pocket

今回もまた、下降トレンドの中で見られる売りサインを見てみるぞ!
今回見るのは、入り首とアテ線でござる。
入り首はこのような形でござる。

アテ線はこのような形でござる。

入り首は陽線で、下落相場において、直前のローソク足の終値より安値で始まり、直前のローソク足に多少食い込む形のローソク足なのでござる。
あて首線も同様に陽線でござる。同じく下落相場において、直前のローソク足の終値より安値で始まり、直前のローソク足の安値水準までしか戻せないパターンなのでござる。

どちらも変化の激しい相場に現れやすい形で、この後下げるようであれば、追撃売りのチャンスとなるのでござるぞ!

関連記事

【RSIの効果的な使い方を考えてみるのでござる!】

前回紹介したRSIじゃが、RSIが70~80%以上になったら買われ過ぎ→売り、RSIが20~30%以下になったら売られ過ぎ→買いという判断を一般的に下す、というのはすでに説明したとおりでござるぞ。そし …

【一目均衡表って何じゃ?】

一目均衡表は、日本生まれの数少ないテクニカル指標の一つで、株式評論家の細田悟一氏が一目山人というペンネームで戦前に発表したテクニカル指標でござる。延べ2000人のスタッフ(学生)とおよそ7年の歳月をか …

【(酒田五法)三川について説明するぞ!<その2>】

今回も前回に引き続き、三川を見てみるぞ! バリエーションが豊富な三川の基本要素5種を前回見てみたのじゃが、今回は、基本5種から派生した形を色々見てみるぞ! その中でも、今回は相場の天井圏から反転して下 …

【一目均衡表の計算式とは?】

一目均衡表は、ローソク足と5線の折れ線グラフ(転換線・基準線・先行スパン1・先行スパン2・遅行スパン)から構成されいるのでござる。 その計算式は、 ・転換線 転換値=(当日を含む過去9日間の最高値+9 …

波高い線【売りシグナルの酒田五法7】

今回もまた、天井圏で見られる買いサインを見てみるぞ! 今回見るのは波高い線なのでござる。 このような形でござるぞ。 波高い線とは、上下に長いヒゲが出て実体が短くなっているローソクが現れたチャートのこと …

トップへ戻る