二ツ星・三ツ星【買いシグナルの酒田五法14】

Pocket

前回までは、底値圏で見られる買いサインについてみてみたのでござるが、今回からは、上昇トレンドの中で見られる買いサインについて見てみるのじゃ!

今回見てみるのは、二ツ星三ツ星でござる。
下の図は三ツ星でござるぞ。

二ツ星と三ツ星は、コマ足やそれに近いくらいの非常に短いローソク足が2、3個連続している状態でござる。

このような線が出るのは、この図のように、一気に上昇が進んだ後に出るのでござる。コマ足やそれに近い状態のローソク足が出た状態は、流れの分岐点になっていることが多いのでござるが、これらが出た後、最後のローソク足が窓を開けて上放れた状態で出た場合は、買いのシグナルとされておるのでござる。

なお、この二ツ星や三ツ星は、下降トレンドの中でも見られることがあるのじゃ。その場合は逆に、下落するのじゃ。このサインは、現れた時点のトレンドを後押しするサインと言えるのでござるぞ!

関連記事

【同じ配当利回りで異なる規模の会社2つを見てみるのでござる!】

今回もまた、配当利回りについて見てみるのでござる。 今回見るのは、同じ配当利回りながらも異なる規模の2つの会社なのでござるぞ。 この会社はどちらも配当利回りが2%なのでござる。 そして、経常利益と、純 …

【低PERとは何倍のことを言うのでござるか?】

前回、PER10倍は低PERである、ということに触れたのでござる。 しかし、PERが低いというのは、いったいどれくらいのことを言うのでござるか、改めて見てみたいのでござる。 前回少し紹介したとおり、現 …

【量的金融緩和は実体経済にどれくらい波及しておるじゃろうか】

すでに取り上げたとおり、アベノミクスによる量的金融緩和という政策は、デフレマインドを払拭する狙いもあるのじゃ。 デフレマインドについてはどうなっているのかというと、日本銀行が四半期ごとに実施している「 …

【利益率の変化に注目でござる】

また今回も、異なる2つの会社のデータを見てみるのでござる。今回見るのは売上高、経常利益、経常利益率でござるぞ。 今回もまた同じPBRの会社2社を比べるのでござる。 この2社はどちらもPBRが0.5倍で …

波高い線【売りシグナルの酒田五法7】

今回もまた、天井圏で見られる買いサインを見てみるぞ! 今回見るのは波高い線なのでござる。 このような形でござるぞ。 波高い線とは、上下に長いヒゲが出て実体が短くなっているローソクが現れたチャートのこと …

トップへ戻る