上値遊び【買いシグナルの酒田五法18】

Pocket

今回もまた、上昇トレンドで見られる買いサインを見てみるのでござるぞ!
今回見るのは上値遊びじゃ!
このような形なのでござるぞ。

上値遊びは、上昇トレンドの中で大きな陽線が出現し、その後、小さなローソク足が出てくるもみ合いの状態になるのでござるが、その後、上方向に窓をあけて陽線が出た状態なのでござる。

先ほど書いたとおり、最初の大きな陽線の後、高値を維持したまま売り勢力と買い勢力がもみ合っているために、小さな陰線や陽線が5本~10本程度出るのでござるぞ。この状態に決着がついて、上方向に窓を開けた…つまり、買い勢力がまさっているということなのでござるぞ。

そのため、もみ合いの後に出る上放れた陽線が、買いのサインであるのじゃ。なお、上値遊びという名前の「遊び」というのは、最初の大きな陽線の後に高値でもみあっている…つまり、もみ合いの状態のことを指しているようでござるぞ。
もみ合いはエネルギーを貯め込んでいる状態なのじゃ。そのため、そのエネルギーが上方向に向かったということが、もみ合いの後の上放れた陽線から読み取れるのでござる!

逆のパターンは下降トレンドで現れる下値遊びでござる。こちらは売りサインとなるのでござる。

関連記事

【特別利益に注目でござる!】

今回もまた、A社とB社という2つの会社を見てみるのでござる。 この2つの会社はどちらも配当利回りが2%なのでござるぞ。 【A社】 売上高…100億円、営業利益…3.5億円、経常利益…2.5億円、純利益 …

【低PBRの買い場について見てみるのでござる】

前回、低PBRとはどういうことなのかを、純資産との比較で見てみたのでござる。 余談でござるが、例えばPBR0.5倍のA社をB社が丸ごと買収した場合、純資産価値と買収価格との差を『逆のれん』という勘定科 …

【同じPERの違う業種の会社を見てみるのでござる。】

今回もまた同じPERの会社を見てみるのでござる。 今回比べるのはA社、B社の2つの会社なのでござる。 A社は主に靴やバッグなどを販売しておるのでござる。 B社はアパレルで、洋服の販売をしておるのでござ …

【移動平均乖離率はどのように使うのじゃ?】

今回もまた移動平均乖離率について見てみるのでござる! 前回は移動平均乖離率の概要を見てみたのじゃが、では、移動平均乖離率はどのように使用するのじゃろうか? そもそも移動平均線は、株価が移動平均線に近づ …

【HLバンドって何でござるか?】

今回はHLバンドについて見てみるのでござる。このHLバンドはハイローバンドというもので、トレンド系テクニカル指標なのでござるぞ。 リチャード・ドンチャン氏が提唱する4週ルールを基礎にしたブレイクアウト …

トップへ戻る